Y!mobile(ワイモバイル)の格安スマホをきめ細やかに説明!

ymobile
Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンク株式会社が運用している格安スマホの通信サービスです。

全国各地に実店舗があるのでスマホ端末の実物を見に行くことができますし、近くに店舗がなければウェブサイトでたっぷり情報を収集したり、買ったりすることが可能です。

Y!mobileでは、スマホ端末が28,800円から購入できます。

また、Y!mobileではスマホ端末以外にも格安のSIMカードを取り扱っていて、セット購入をすれば、あなたの月々のスマホ代を相当安くすることもできます。

ということで、当サイトでは、スマホと格安SIMカードのセット購入を中心に考え、さらに管理人イチオシの組み合わせもいくつか紹介していきますね。

ちなみに、セット購入のオススメはしていますが、この買い方にも良い点と悪い点があります。詳しくはこちらで説明していますので、前もって読んでおいてくださいね。

また、もしあなたが「格安スマホって何なんだろう」という状態なら、コチラのページで格安スマホについてたっぷり紹介していますので、参考にしてみてください。

では、ワイモバイルの格安スマホをかなり詳しく見ていきましょう!

button_001

Y!mobile(ワイモバイル)の格安スマホ端末

ここでは、Y!mobile(ワイモバイル)で取り扱っている格安スマホ端末を紹介していきます。

SIMカードについては後でがっつり紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね!

まず、数あるY!mobileの格安スマホ端末の中で、あなたに本当に合うものを見つけるためには、ROM(ロム)とRAM(ラム)というものの知識があることが大切になってきます。

もしあなたが「ROMとRAMって何なんだろう?」という状態なら、コチラのページでわかりやすく説明していますので、是非とも見てみてくださいね。

ちなみに、ワイモバイルで販売しているスマホ端末は全て、ワイモバイルの「SIMロック」というものがかかっています。

どういうことか?ドコモやau、ソフトバンクのSIMカードを挿し込んでも使うことができず、ワイモバイルのSIMカードじゃないと使えないということです。

この点は本当に気をつけてくださいね!

(もっと詳しく「SIMロック」について知りたいなら、コチラのページで「SIMフリー」という言葉とセットで解説をしていますので、見てみてくださいね。)

では、ワイモバイルで販売している格安スマホ端末を見ていきましょう!

Y!mobile(ワイモバイル)の格安スマホ端末の一覧表はコレ!

Y!mobileで取り扱っている格安スマホ端末は以下の7種類があります。

それぞれ個性がありますので、興味があれば各端末のより詳しい情報を見てみてくださいね。

機種名 ROM RAM 高速データ通信
(LTE対応)
価格
Nexus 5X
(詳しくはこちら
16GB 2GB 69,600円
32GB 2GB 74,400円
Nexus 6
(詳しくはこちら
32GB 3GB 69,600円
64GB 3GB 79,200円
DIGNO C
(詳しくはこちら
8GB 1GB 28,800円
DIGNO T
(詳しくはこちら
8GB 1.5GB 36,000円
AQUOS CRYSTAL Y
(詳しくはこちら
16GB 2GB 43,200円
Spray 402LG
(詳しくはこちら
8GB 1GB 31,200円
LUMIERE 503HW
(詳しくはこちら
16GB 2GB 36,000円

性能が群を抜いて良いスマホ端末はコレ

ymobile
「Nexus 6」のROMが64GB、RAMが3GBのモデルがとても性能が良いです。

記憶容量であるROMが64GBあるということは、数万枚という単位で写真を記録しておくことができるということです。充分ですよね。

スマホのスムーズな動作に関わるRAMが3GBということは、色々なゲームアプリをストレスなく楽しめるということです。

しかも、「Nexus 6」は6インチという超巨大な画面を持っているので、何をするにしても迫力が半端ないです。

もちろん、LTE対応もしているので、通信速度もかなり出てくれるので安心です。

>>「Nexus 6」のより詳しい情報はこちら

価格が飛びぬけて安いスマホ端末はコレ

ymobile
「DIGNO C」の28,800円です。

さらに、Y!mobileでは24回分割払いができるので、月々1,200円で手に入れることができます。

先ほど紹介した性能が良い「Nexus 6」と比べて50,000円ほど安く買える端末ですね。

「DIGNO C」の主な特徴としては、防水や防塵、耐衝撃性などがあり、とても頑丈だということがまず挙げられます。

それ以外のポイントとしては、片手で使えるサイズであることやLTE対応しているので、ウェブサイトの表示までの時間も早いということですね。

>>「DIGNO C」のより詳しい情報はこちら

button_001

Y!mobile(ワイモバイル)の格安スマホ端末に入れるSIMカードについて

ここから、Y!mobileのSIMカードの紹介をしていきます。

まず、SIMカードとは、スマートフォンに挿し込んで使うとても小さなカードのことを言います。

どれくらい小さいかというと、指先に乗るくらいの大きさです。

このSIMカードには、携帯の料金プランや電話番号についての情報が記録されているため、スマートフォンにはなくてはならない存在だということですね。

ちなみに、上でも紹介しましたが、Y!mobileで販売しているスマートフォンには「SIMロック」というものがかかっています。

Y!mobileのSIMカードなら問題なく使えますが、他のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のSIMカードは使えませんので注意してくださいね。

こんな感じで、スマホ端末とSIMカードには相性があるため、スマホについての専門的な知識がないと購入ミスをしてしまう可能性が高いです。

なので、ワイモバイルで売っているスマホ端末と、ワイモバイルのSIMカードを一緒に買うのがオススメですね。

それでは、ここからはY!mobileのSIMカードの料金プランを紹介していきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)のSIMカードの料金プラン

ymobile
Y!mobileで取り扱っているSIMカードの中で、スマホ端末向けのものは、

・音声通話機能付きSIM(音声通話、SMS、インターネット接続ができる)

です。

音声通話機能付きSIMの料金プランは以下のようになっています。

(もしあなたが、表の項目の「データ通信容量」を見ても、どれが最適な容量なのかわからないなら、コチラのページで具体例も交えて解説していますので、参考にしてみてくださいね。)

SIMカードの種類 プラン名 データ通信容量 高速データ通信
(LTE対応)
月額料金
音声通話機能付きSIM スマホプランS 1GB/月 2,980円
スマホプランM 3GB/月 3,980円
スマホプランL 7GB/月 5,980円

ちなみに、上の表に書いてあるワイモバイルの3つの料金プランには、音声通話に大きな特徴があります。

10分以内の通話なら、1ヶ月あたり300回まで無料でできるというものです。

10分を超えると30秒あたり20円の通話料がかかる点に注意してくださいね。

また、ワイモバイルには「スーパーだれとでも定額」というオプションがあります。

このオプションを追加すれば、相手がガラケーでもスマホでも、固定電話でも、いくら電話をかけても無料です。

しかも回数制限などもありません。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の通話定額プランのようなものですね。

「スーパーだれとでも定額」は月額1,000円で利用できるオプションなので、電話をたくさんするなら強くオススメします。

button_002

キャンペーン情報:今「Superコミコミ!」が熱い!(2015年11月30日まで)

「Superコミコミ!」とは、2015年11月30日まで行っているY!mobileのキャンペーンの名前です。

他社(例えば、ドコモやauなど)からY!mobileにMNPで乗り換えた場合、なんと!2年間、データ通信容量が2倍になります!

(MNPとは、他社で使っていた電話番号をY!mobileでも使えるようにするサービスのことです。)

具体的には以下のようなデータ通信容量になるんですね。

【「Superコミコミ!」適用時の各料金プランのデータ通信容量】

SIMカードの種類 プラン名 データ通信容量 高速データ通信
(LTE対応)
月額料金
音声通話機能付きSIM スマホプランS 1GB/月→2GB/月 2,980円
スマホプランM 3GB/月→6GB/月 3,980円
スマホプランL 7GB/月→14GB/月 5,980円

(「Superコミコミ!」のより詳しい情報については、こちらで紹介されています)

ワイモバイルの「Superコミコミ!」キャンペーンは2015年11月30日までなので、データ通信容量を2倍にしてよりスマホ生活を楽しみたいなら、是非とも申し込んでみてくださいね。

管理人イチオシ!Y!mobileのスマホ端末とSIMカードの組み合わせ

Y!mobileの格安スマホ端末とSIMカードについての説明が全て終わったところで、どんな組み合わせを選べば良いのでしょうか?

ワイモバイルはスマホ端末が7種類もありますし、SIMカードの料金プランも3種類ありますから、この中で最適なものを選ぶのはけっこう大変です。

さらにオプションの「スーパーだれとでも定額」のことも考えたら、もう訳がわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

ということで、ここでは管理人オススメのスマホ端末とSIMカードの組み合わせを紹介していきます。

もちろん、オススメの組み合わせ通り選ぶ必要は全くありませんが、ちょっとでも参考になれば嬉しいです。

電話をして、動画やインターネットをたくさん楽しむなら・・・

ymobile

「LUMIERE 503HW」と「スマホプランL」がオススメです。

「LUMIERE 503HW」は、Y!mobileで取り扱っているスマホ端末の中では安めの値段で、性能面もかなり良い具合になっています。

5インチの画面で画質も良いため、動画やインターネットを家でも外出中でも楽しめます。

「スマホプランL」はデータ通信容量が7GB/月もあるので、動画を1ヶ月あたり52時間30分くらいは見ることができます。

1日あたり1時間40分程度見れる計算なので、ワイモバイルの料金プランの中では、充分な暇つぶしができるプランだということですね。

必要な機能が付いていれば良いなら・・・

ymobile

「DIGNO C」と「スマホプランS」の組み合わせが良いですね。

「DIGNO C」はY!mobileで販売しているスマホ端末の中では最安の28,800円で買えるスマホです。

安いとはいえ、電話はできますし、メールやインターネットなど必要なことは全部できますし、何より防水や防塵といった機能が付いているので、なかなか壊れにくいというメリットもあります。

「スマホプランS」は電話もメールもインターネットもできる料金プランです。

このプランはデータ通信容量が1GB/月なので動画をたっぷり楽しむことはできませんが、連絡手段としてスマホを使うには何の問題もないので安心してくださいね。

限りなく電話をしたいなら・・・

ymobile

「LUMIERE 503HW」と「スマホプランM+スーパーだれとでも定額」の組み合わせが良いですね。

「LUMIERE 503HW」は、普段生活していく上では困ることはほとんどないくらい良い性能を持ったスマホ端末ですし、Y!mobileの中では比較的安価なのでオススメです。

「スマホプランM+スーパーだれとでも定額」の組み合わせなら、電話はいくらかけても無料です。

(ちなみに、0570から始まる電話番号に電話をかけたり、国際電話をしたりする場合などは有料になるので、その点は気をつけてくださいね。)

また、この組み合わせの場合、データ通信容量は3GB/月です。3GB/月あれば、多くのスマホ利用者にとっては充分な容量なので、とりあえずこのプランを選べば大丈夫です。

もし実際に使ってみて通信容量が足りなかったり、逆に多すぎると感じた場合は、「スマホプランL」や「スマホプランS」に変更するという流れですね。

button_001