UQ mobileの格安スマホをきめ細やかに説明!

UQ mobile
UQ mobileは、UQコミュニケーションズ株式会社が運用している通信サービスで、格安スマホを販売しています。

格安スマホ以外にもUQ WiMAXが有名で、通信分野に強いという安心感がありますね。

UQ mobileでは、スマホ端末が3万円を切る29,760円で購入することができます。

また、UQ mobileでは、格安のスマホ端末だけでなく、月額料金が格安のSIMカードも取り扱っていて、セットで買うことで、あなたのスマホの月額料金をかなり安くすることが可能です。

なので、当サイトではスマホ端末とSIMカードのセット購入を中心に、管理人イチオシの組み合わせについても紹介していきますね。

ちなみに、セット購入する際の良い点、悪い点についてはこちらで解説しています。前もって読んでおくことをオススメします。

また、もしあなたが「格安スマホの意味が良く分からないんだけど・・・」と思っているなら、コチラのページで格安スマホについても詳しく書いていますので、見てみてくださいね。

それでは、UQ mobileの格安スマホについて、たっぷりと解説していきます!

button_001

UQ mobileの格安スマホ端末

UQ mobile
ここでは、「UQ mobile」で販売している格安スマホ端末について紹介していきます。

UQ mobileの格安のSIMカードについてや、格安スマホ端末とSIMカードのセット買いの話は後ほど解説していきます。お楽しみに!

まず、格安スマホ端末の性能があなたに合うかどうかを見極めるために、最初のステップとして、ROMとRAMというものについて理解しておくことが大切です。

もしあなたが、「ROMとRAMの違いがよくわからない、そもそもROMとRAMって何?」という状態なら、コチラのページで詳しく説明していますので、見てみてくださいね。

ちなみに、ここで取り扱っているスマホ端末は全て「SIMロック」がかかっているスマホ端末です。

具体的には、ドコモやソフトバンクの回線を使っているSIMカードは利用できず、auの回線のSIMカードのみ利用できるというものです。

UQ mobileのSIMカードはauの回線を使っているので、ここで紹介しているスマホ端末に挿し込んで使うことが可能です。安心してくださいね。

(「SIMロック」についてもっとよく知りたいと思ったら、コチラのページで「SIMフリー」という言葉の意味とともに詳しく解説しているので、見てみてくださいね。)

それでは、UQ mobileの格安スマホ端末を見ていきましょう。

UQ mobileの格安スマホ端末の一覧表

UQ mobileで取り扱いがある格安スマホ端末は、以下の2種類です。

機種名 ROM RAM 高速データ通信
(LTE対応)
価格
KC-01
(詳しくはこちら
8GB 1.5GB 29,760円
LG G3 Beat
(詳しくはこちら
8GB 1GB 34,800円

UQ mobileの格安スマホ端末で性能が良いのはコレ

UQ mobile
「LG G3 Beat」です。

「LG G3 Beat」は、LGエレクトロニクス製のスマホ端末です。

5インチの画面、1280×720という画質の良さが魅力の機種で、LTEにも対応しているため、インターネット上の情報を素早く表示してくれます。

また、自撮りカメラに向かって「手をパーにしてからグーにする」という動作をすることで、シャッターボタンを押さずに撮影できる「ジェスチャーショット」機能がありますね。

値段は34,800円です。

>>「LG G3 Beat」のより詳しい情報はこちら

UQ mobileの格安スマホ端末で一番安いのはコレ

UQ mobile
「KC-01」の29,760円ですね。

「KC-01」は京セラ製のスマートフォン端末です。

LTE対応はもちろんのこと、防水や防塵機能を備えているため、かなりタフな端末になっているのが特徴です。

また、周りが騒がしい場所でも電話相手の声がばっちり聞き取れる「スマートソニックレシーバー」という機能もありますね。

欠点としては、画質が960×540なので、多少画像の表示が粗いと感じることがあるかもしれないという点ですね。

とはいえ、必要な情報を見るための画質は充分にクリアしているため、問題はありません。

>>「KC-01」のより詳しい情報はこちら

button_001

UQ mobileの格安スマホ端末に入れるsimカードについて

ここからは、UQ mobileで取り扱っている格安のSIMカードについて解説していきます。

UQ mobileのSIMカードには、携帯電話の番号や料金プランについての情報が入っていて、スマホ端末に挿入して使います。

ちなみに、UQ mobileの格安スマホ端末はSIMロックがかかっているため、auの回線を使っているSIMカードを入れたときしか使えません。

UQ mobileはau回線を使っているため何の問題もありませんが、UQ mobile以外の格安SIM業者のほとんどはドコモの回線を使っているSIMカードです。

上で紹介した格安スマホ端末はドコモ回線のSIMカードは使えないのはもちろんのこと、ソフトバンク回線のものも利用不可なので注意してくださいね。

SIMカード選びのミスを防ぐためにも、UQ mobileが提示してくれている格安スマホ端末とUQ mobileのSIMカードをセットにして使うことを強くオススメします。

それでは、UQ mobileのSIMカードについてより詳しく紹介していきましょう。

UQ mobileのSIMカードの料金プラン

UQ mobile
UQ mobileのSIMカードは、月額980円から使えて、三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と比較するとかなり安いです。

「UQ mobile」には、料金プランが全部で4種類あり、それぞれの料金プランには、以下のSIMカードが使われています。

・「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」
SMS対応SIMを使っているので、インターネットやメールといったデータ通信とSMSが利用できます。

・「データ高速+音声通話プラン」と「データ無制限+音声通話プラン」
音声通話機能付きSIMを使っているので、データ通信とSMSと電話ができます。

以下、それぞれの料金プランについての特徴を表にまとめています。

もしあなたが、表に書いてある「データ通信容量」に見ても、具体的にどれくらい動画やウェブサイトを見ることができるのかわからない!

ということなら、こちらで解説をしていますので、参考にしてみてくださいね。

simカードの種類 プラン名 データ通信容量 高速データ通信
(LTE対応)
月額料金
SMS対応SIM データ高速プラン 3GB/月 980円
データ無制限プラン 無制限 × 1,980円
音声通話機能付きSIM データ高速+
音声通話プラン
3GB/月 1,680円
データ無制限+
音声通話プラン
無制限 × 2,680円

データ無制限コースには、ちょっぴりワナがある

ちなみに、

・音声通話機能付きSIMの「データ無制限+音声通話プラン」
・SMS対応SIMの「データ無制限プラン」

はデータ通信容量が無制限なので、3GB/月のコースよりもたくさんインターネットや動画を楽しめると思ったかもしれません。

しかし、それは間違いです。。。

通信容量が無制限のコースは最大通信速度が500kbpsと遅いので、動画を見ているときに何度も止まったり、画像が大量にあるウェブサイトにアクセスときには、読み込みに時間がかかります。

3GB/月のコースは、通信速度がLTEに対応していて、インターネットや動画がサクサク見れます。

もしあなたが、ストレスなくデータ通信を楽しみたいのなら、3GB/月のコースを選択することをオススメします。

button_002

管理人オススメ!UQ mobileのスマホ端末とSIMカードの組合わせ

格安スマホ端末とSIMカードの説明が終わりましたが、一体どの組み合わせを選べば良いのでしょうか?

スマホ端末2つとSIMカードの料金プランが4種類なので、合わせて8通りの組み合わせがありますが、どれがあなたにとって最適なのでしょうか?

ここでは、スマホを利用の仕方によって、3通りのオススメの組み合わせを紹介しています。

もしあなたが選び方で迷っているなら、参考にしてみてくださいね。

ちなみに、UQ mobileで電話をして問い合わせたところ、UQ mobileのウェブサイトでは、スマホ端末のみの購入はできないとのことです。

スマホ端末のみ欲しい!ということなら、Amazonやヨドバシカメラのオンラインショップで購入できるとのことなので、そちらを見てみることをオススメします。

動画やインターネットをたくさん見るなら・・・

UQ mobile
「LG G3 Beat」と音声通話機能付きSIMの「データ高速+音声通話プラン」をオススメします。

「LG G3 Beat」は、1280×720という充分な画質と5インチという大きさの画面を持っているので、動画やウェブサイトをたっぷりと楽しめる機種です。

音声通話機能付きSIMの「データ高速+音声通話プラン」は、3GB/月なので、動画は1ヶ月あたり22時間30分ほど見れる計算になります。

また、ウェブサイトは20,000ページくらい見ると3GBに達します。

これ以上動画やウェブサイトを見る予定があるなら、無料のWi-Fiスポットを利用することで、データ通信容量を消費しないで動画やウェブサイトを楽しむことができます。

もしあなたの家にWi-Fi環境が整っているなら、それを使うこともできますので安心してくださいね。

スマホとして最低限の機能が使えれば良いなら・・・

UQ mobile
「KC-01」と音声通話機能付きSIMの「データ高速+音声通話プラン」がオススメです。

「KC-01」は、29,760円というお手頃な価格であり、メールや電話、ウェブサイトから情報収集、写メを撮るといったことは問題なくできる機種です。

音声通話機能付きSIMの「データ高速+音声通話プラン」は、3GBのデータ通信容量があります。

スマホ利用者の多くは3GB以内のデータ通信容量で足りているというデータがあるので、この容量で問題が起きることはほとんどないので安心してくださいね。

ガラケーの2台持ちor電話しないなら・・・

UQ mobile
「LG G3 Beat」とSMS対応SIMの「データ高速プラン」をオススメします。

電話用の携帯電話としてガラケー(フィーチャーフォン)を使い、メールや動画、ウェブサイトなどのデータ通信を「LG G3 Beat」で行うということです。

また、スマホでそもそも電話をしない!というニーズにも応えてくれる組み合わせです。

「LG G3 Beat」は、5インチの大画面でHD画質なので、動画やウェブサイト、メールの送受信などをするには十分なスペックです。

SMS対応SIMの「データ高速プラン」は、SMSやデータ通信ができますが、音声通話が出来ない分、月額料金が安くなっているんですね。

button_001