トーンモバイルのSIMの料金はどう?評判や「TONE m17」などのスマホ端末も解説!

トーンモバイル sim
トーンモバイル(TONE MOBILE)のSIMの料金はどのくらいなんでしょうか?

このページでは、トーンモバイルについて徹底解説していきます。

また、「TONE m17」というスマホ端末や、トーンモバイルの店舗、評判についても色々と書いています。

通話料を安くする方法にも触れているので、参考にしてみてくださいね。

トーンモバイルとは?

トーンモバイルとは
トーンモバイル(TONE MOBILE)とは、トーンモバイル株式会社が運用している格安スマホのサービスのことです。

この会社はインターネット関係の事業をしています。住所は東京都渋谷区円山町3番6号、最寄り駅は渋谷駅といった会社概要ですね。

トーンモバイルはシンプルな料金プランが魅力的です。

三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホの料金プランは色々な種類があってどれにしたら良いのか悩んでしまうこともあるかと思います。

ですが、トーンモバイルの場合、料金プランは「基本プラン」のたった一種類です。

必要に応じてオプションを追加していくという仕組みになっています。

では、ここからはより詳しくトーンモバイルのプランを見ていくことにしましょう!

トーンモバイルのSIMの料金を解説!

トーンモバイル 料金
まず、トーンモバイルのSIMの料金を表にすると以下のようになります。

下の表の通信容量がよくわからなければ、こちらのページを参考にしてみてください。詳しく解説しています。

【トーンモバイルのSIMの料金表】
プラン名 通信容量 月額料金
基本プラン 無制限 1,000円

トーンモバイルのSIMの料金は1,000円/月です。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホの月額料金は安くても5,000円くらいはかかってくることを考えると、トーンモバイルのSIMは格安だということがわかります。

トーンモバイルの基本プランでは、メールのやり取りやウェブページの閲覧といったデータ通信をすることができ、「IP電話」という通話アプリを使って電話をかけることができます。

また、SMS機能が必要なら「SMSオプション」を月額100円で追加できます。

SMSとは、電話番号を宛先にして短いメッセージを送る機能のことです。

SMSを使った「SMS認証」というものをしないと利用できないアプリなどが増えてきているので、管理人としては「SMSオプション」を強くオススメします。

例えば、LINEというアプリのアカウントを新しく作るときには、認証の仕方によってはSMSの機能が必要です。

ちなみに、トーンモバイルには最低利用期間というものがあり、24ヶ月以内に解約すると違約金が9,800円かかるので、気を付けてくださいね。

トーンモバイルでは、MNPをすることができます。

MNPとは、携帯電話番号ポータビリティのことで、他の業者、例えばドコモやau、ソフトバンクなどで使っていた電話番号をトーンモバイルでも利用することができます。

>>MNPについての詳しい情報はこちら

無制限でデータ通信が使い放題!

トーンモバイル 無制限
トーンモバイルのSIMの料金表を見ると、「通信容量」が無制限だと書いています。データ通信が使い放題なんですね。

通信速度は500kbps~600kbpsです。この速度の場合、メールの送受信やLINEのやり取り、文字中心のウェブサイトなら問題なく見ることができますが、動画を見るにはかなり厳しいです。

(通信容量が無制限とは書いていますが、使いすぎると通信速度の制限がかかることがあるとのことです。)

もしトーンモバイルのSIMを使って動画を見たいなら、「高速チケットオプション」もしくはWi-Fiを利用することをオススメします。

「高速チケットオプション」なら、1GBの通信容量を300円で買うことができます。

高速チケットオプションで買った通信容量は高速通信をすることができるため、動画もスムーズに見ることができます。

ちなみに、1GBの通信容量があれば、動画は7時間半くらいは見ることができるんですね。もちろん、動画によっては、見れる時間がもっと少なくなったりすることもあります。

また、Wi-Fiを利用すれば、Wi-Fiの通信速度でデータ通信ができ、無制限に動画を見ることができます。

あなたの家にWi-Fiがあるならそれを使うことができますし、カフェなどにある無料のWi-Fiも利用可能です。

トーンモバイルには「安心オプション」というものがあります。

「安心オプション」は、商品が破損したり、盗難にあった場合に端末を交換してくれるというオプションです。

1回の交換につき5,000円かかってしまいますが、それでも買い直すよりはお得だということですね。その他にも適用条件などがありますので、詳しくはトーンモバイルの公式サイトを見てみてください。

「安心オプション」は月額500円のサービスなので、興味があれば利用してみてくださいね。

トーンモバイルの通話料はどうなの?

トーンモバイル 通話料
トーンモバイルの通話料は「IP電話」という通話アプリをうまく使うことでかなり安くすることができます。

まず、トーンモバイル以外の格安スマホ業者の場合、通話をするときにかかる料金は30秒あたり20円、1分で40円というものが多いです。

一方、トーンモバイルの「IP電話」を使えば、携帯電話宛ての通話は1分21円、固定電話宛てなら3分13円、トーンモバイルの「IP電話」同士なら無料でかけ放題なんですね。

トーンモバイルで電話や動画をするなら、「IP電話」を積極的に活用してみてくださいね。

トーンモバイルはSIMのみの販売はしている?

トーンモバイル simのみ
トーンモバイルでは、SIMのみ買うということや、スマホ端末のみ買うということはできません。

というのも、トーンモバイルはSIMとスマホ端末のセット販売しかしていないためです。

なので、もしあなたがSIMのみ欲しいということなら、別の格安スマホ業者を検討したほうが良いですね。

逆に、SIMとスマホ端末をセットで買いたいなら、トーンモバイルはオススメです。

まず、料金プランが一種類なので迷いません。また、このページの下の方で詳しく書いていますが、機種も2種類だけなので検討がしやすいんですね。

他の格安スマホ業者の場合、料金プランが20種類以上あったり、機種が10種類以上あったりして、選ぶのに非常に悩むということがありますから。

プリペイドのSIMは取り扱っている?

トーンモバイル プリペイド
トーンモバイルではプリペイドのSIMは取り扱っていません。

プリペイドのSIMとは、料金を前もって支払って使うタイプのSIMのことです。

トーンモバイルのSIMは月額基本料1,000円+通話料などを支払っていくシステムなんですね。

もしあなたがプリペイドSIMに興味があるなら、mineo(マイネオ)やIIJmio(アイアイジェイミオ)などの格安スマホ業者を見てみてください。詳しく紹介されています。

ただ、プリペイドSIMはトーンモバイルのような月額料金タイプのSIMとは違い、利用料金が割高になる傾向があります。

SIMを使ってスマホ端末を安く運用するなら、月額料金を支払っていくタイプのSIMを選んだほうが良いということですね。

トーンモバイルの端末には、どんなものがあるの?

トーンモバイル 端末
ここまでは、トーンモバイルのSIMについて紹介していきましたが、ここからは端末を詳しく説明していきます。

トーンモバイルのスマホ端末は1種類あります。

・「TONE m17」

このスマホ機種はSIMフリーです。

(SIMフリーについてよくわからなければ、こちらのページで解説しています。)

また、テザリングが利用できます。

では、このスマホ端末についてより詳しく解説をしていきますね。

「TONE m17」について

トーンモバイル tone m17
「TONE m17」というスマホは、3GやLTEのエリアに対応しているので、かなり広い範囲で利用することができます。

また、29,800円という価格は格安スマホ業者が取り扱っているスマホ端末の中では、ちょうど真ん中くらいの価格帯ですし、性能も価格に見合ったものになっています。

【TONE m17のスペック】
機種名 TONE m17
画面サイズ 5インチ
画面解像度 1280×720
外側カメラ 1310万画素
内側カメラ 500万画素
ROM 16GB
RAM 2GB
高速データ通信
(LTE対応)
価格 29,800円

メールアドレスはどうなる?

トーンモバイル メールアドレス
トーンモバイルでは、「***@tone.ne.jp」というメールアドレスを取得することができます。

「***」の部分は好きに決めることができるんですね。

格安スマホ業者によっては、そもそもメールアドレスがもらえないところもあったりするので、トーンモバイルはお得です。

ちなみに、トーンモバイルではGmailやYahoo!メールなどのフリーメールと呼ばれるものも利用することができます。

もしあなたがすでにGmailなどのメールアドレスを持っていて、そのアドレスをメインに使っているなら、トーンモバイルのスマホ端末でも引き続きGmailなどを使っていくという手もありですね。

そうすることで、メールアドレス変更の連絡を知り合いや友人にしないで済むので手間が省けます。

トーンモバイルのSIMはiPhoneでも使えるのか?

トーンモバイル iphone
トーンモバイルのSIMをiPhoneに挿し込んで使うことができるのでしょうか?

電話して確認したところ、以下のような回答をいただきました。

「トーンモバイルのSIMをiPhoneに挿し込んでも使えるかもしれませんが、動作保証はできません」

とのことです。

トーンモバイルが取り扱っている機種以外の動作については確認していないということですね。

もしあなたが格安のSIMを使ってiPhoneを利用していきたいなら、トーンモバイル以外の格安スマホ業者を検討した方が良いですね。

例えば、mineoやIIJmioなどの格安スマホ業者には動作確認端末一覧ページというものがあり、そこを見れば、iPhoneを含む色々な対応機種がわかります。

動作確認したときのiosのバージョン情報も記載されています。

mineoやIIJmioなどの動作確認端末一覧ページをうまく活用すれば、中古のスマホ端末を使っていくこともできるので、興味があればトーンモバイル以外の格安スマホ業者も検討してみてくださいね。

店舗はどこにあるの?

トーンモバイル 店舗
トーンモバイルの店舗は全国各地にあります。北海道から九州まで、色々な地域に販売店があるんですね。

店舗に行けば、トーンモバイルのスマホを実際に触ることもできますし、購入することもできます。

ただ、あなたの家の近くに店舗がないということもあるかと思います。

そういう場合は、トーンモバイルのウェブサイトを訪ねてみてください。

ウェブサイト上で購入することができます。

(ちなみに、トーンモバイルのスマホのケースやカバーなどのアクセサリーはAmazonという通販サイトで売っているので、興味があれば見てみてください。)

トーンモバイルの評判は?

トーンモバイル 評判
トーンモバイルの評判やレビューを見てみると、以下のような評価があることがわかります。

・はっきり言ってこれで充分
・困ったときの電話サポートがあるので安心です
・たった1,000円でスマホが使えるなんてありがたい

一方で、「トーンモバイルのスマホはオプションなしで利用するとあまり通信速度が出ないから、動画を見るのはきつい」という口コミもあります。

「高速チケットオプション」を利用することで動画を見ることができるようになりますが、頻繁に動画を見るなら、別の格安スマホ業者を検討してみても良いですね。

ただ、「高速チケットオプション」を買わない場合でも、メールやSNSのやり取り、文字がメインのウェブページなどは普通に見ることができます。

スマホでそれほど動画を見ないなら、トーンモバイルのスマホは格安なのでおすすめです。

口コミや感想などを見ていても良い評判が多いので、もしあなたが購入を検討しているのなら、トーンモバイルのウェブサイトを見てみてくださいね。

トーンモバイルのスマホを使うことで、あなたのスマホ月額料金がグンと安くなれば嬉しいです。


2016/03/10 トーンモバイルのSIMの料金はどう?評判や「TONE m17」などのスマホ端末も解説! はコメントを受け付けていません。 格安SIM業者