Ascend G6をたっぷりと解説!

ascend g6
「Ascend G6」ってどういったスマホ端末なのでしょうか?

この記事では、「Ascend G6」についてがっつりと紹介していきます。

また、「Ascend G6」の口コミ情報などもまとめています。

「Ascend G6」について

ascend g6
「Ascend G6」はHUAWEIが作ったSIMフリースマホです。

(「SIMフリースマホ」についてはこちらで詳しく書いていますので、興味があれば見てみてください。)

HUAWEIといえば、色々な通信機器を製造していることで有名です。タブレットやWi-Fiルータだけでなく、スマートフォンも多数作っています。

「Ascend G6」はLTE対応なので、ウェブサイトや動画をスムーズに表示してくれます。

また、片手で充分操作できるサイズになっていますし、色んなカメラ機能を備えているといった特徴もあります。

では、ここからはより詳しく「Ascend G6」について紹介していきますね。

「Ascend G6」の強み

まずは「Ascend G6」の強みから解説していきます。

本体サイズについてのことや、カメラ機能について説明しています。

片手で操作するにはピッタリのサイズ!

ascend g6
「Ascend G6」は4.5インチの画面サイズなので、片手で操作するにはピッタリのサイズのスマホ端末です。

もちろん手の大きさは人によって異なるので、全ての人が片手で操作できる!と断言はできませんが、片手に収まりやすいサイズではありますね。

これ以上画面サイズが大きいスマートフォンになると、両手を使わないと届かない場所などが出てくることが多くなってきます。

片手操作ができるスマホ端末を求めているなら、「Ascend G6」は良いサイズ感だということですね。

また、「Ascend G6」は115gなので、かなり軽いです。羽毛と勘違いするほどの軽さ!とまではいきませんが、片手で持っていても疲れにくいですね。

色はブラック、ホワイト、ピンクの3種類です。

色々なカメラ機能が付いている!

ascend g6
「Ascend G6」には、様々なカメラ機能が付いています。

例えば、「ビューティーモード」という機能を使えば、自撮りした自分の写真をより綺麗に仕上げることができます。

具体的には、肌をより白くキレイに仕上げてくれたりします。

また、「音声写真」という機能を使うことで、写真とともに10秒までの音声を一緒につけることができます。

写真に関する音声をつけることで、思い出もより強力に記録に残すことができますね。

こんな感じで、個性的な機能でスマホライフをより楽しめるということです。

「Ascend G6」の弱点

ascend g6
「Ascend G6」は、性能が少し微妙かもしれません。

例えば、RAMが1GB、ROMが8GBという容量なのですが、これでは少し心細いと感じることがあるかもしれません。

(RAMやROMについては詳しくはこちらで説明していますので、興味があれば見てみてください。)

また、960×540という画質も、最近の売れ筋のスマホが1280×720であることを考えると微妙です。

ただ、必要な機能は全て搭載されていますし、片手で動かせるスマホであることは大きなメリットです。

また、インターネットなどで情報収集したり、連絡手段として使う分には何の問題もない性能は持っているので、そういう用途で利用する予定なら、「Ascend G6」はオススメできる機種ですね。

「Ascend G6」の評判

ascend g6
「Ascend G6」の評判を見てみると、

・軽いのが良い!
・見た目のデザインがカッコイイ!
・必要なことは一通りできる

などの声があることがわかります。

一方で、イヤホンの挿しこみ口が横についているのが嫌だという声がありました。

たしかに、横方向からイヤホンを挿し込んだ場合、イヤホンの端子分だけ、横幅が大きくなってしまい、ポケットに入れるのが不便になったりします。

ただ、この問題は、下の画像のようにイヤホン端子がL字型になっているものを利用することである程度解決できますので安心してくださいね。

ascend g6

「Ascend G6」のまとめ

「Ascend G6」はHUAWEI製のSIMフリースマホだということがわかりました。

LTEに対応しているのはもちろんのこと、片方の手だけでも操作しきれるサイズ、色々なカメラ機能で写メを楽しむことができることもわかりました。

これらの特徴に興味があれば、「Ascend G6」のより詳しい情報をHUAWEIのウェブサイトなどで見ることができますので、訪問してみてくださいね。

あなたに本当に合うスマホを選ぶために、この記事がちょっとでも参考になれば嬉しいです。