ZenFone Selfieを詳しく解説!

zenfone selfie
「ZenFone Selfie」は、どんなスマホ端末なんでしょうか?

この記事では、「ZenFone Selfie」の強みや評判などについて詳しく紹介していきます。

また、「ZenFone Selfie」の弱点についても書いています。

「ZenFone Selfie」について

zenfone selfie
「ZenFone Selfie」はASUS製のSIMフリースマホです。

(SIMフリースマホが何だかよくわからない!なら、こちらで相当詳しく解説しています。)

ASUSと言えば、「ZenFone」シリーズのスマートフォン端末が非常に人気です。

「ZenFone Selfie」もまた「ZenFone」シリーズの一つで、

・レーザーオートフォーカスで、カメラのピント合わせがかなり早い
・画面には「ゴリラガラス4」を使っているので、傷が付きにくく、落としてもなかなか割れない
・LTE対応で、インターネット上にある情報収集がストレスなくできる

などの特徴が「ZenFone 2 laser」という機種と共通しています。

「ZenFone Selfie」独自の強みとしては、自撮りをよりキレイにしてくれるような工夫がたくさんされているということです。

自撮りのことを「セルフィー(selfie)」とも言いますよね。この機種は端末名に「selfie」と付けているだけあって、自撮りに特化されています。

それでは、ここからはより詳しく「ZenFone Selfie」のことを見ていきましょう。

「ZenFone Selfie」の強み

まずは「ZenFone Selfie」の強みからです。

画面や画質のこと、自撮り機能について詳しく書いています。

自撮り特化の機種なので、女性を意識したデザイン

zenfone selfie
「ZenFone Selfie」は5.5インチという大きめの画面に、1920×1080という画質を備えているため、本当にキレイに動画や写真を映し出してくれます。

本体の角や背面などが丸みを持っているため、手に優しく馴染み、持っていて違和感がありません。

角がとんがっているスマホ端末も良いですが、「ZenFone Selfie」のようなフォルムを持ったスマートフォンもまた魅力的ですよね。

色は、ピンク、ホワイト、アクアブルーという3種類で、いずれも明るくて爽やかなイメージがある色になっています。

おそらくですが、自撮り機能が特化している端末ということで、女性向けの色をデザインしているのではないかな~と思います。

自撮りカメラがめっちゃ優秀!

zenfone selfie
通常、スマートフォン端末にはカメラが2つ付いています。

外側カメラが1つ、自撮り用の内側カメラが1つの計2つです。

一般的なスマホ端末は、自撮り向けの内側カメラの性能はそれほど高くはありません。

具体的には、200万~500万画素という数値を持っているものが多いですが、「ZenFone Selfie」の内側カメラの画素数は1300万画素という数値を持っています。

数値が高いほど、細かい部分までしっかりと写真に残すことができるんですね。

また、「ZenFone Selfie」には、外側と内側のカメラ両方にフラッシュ機能があります。

他のスマートフォン端末の多くは、外側カメラにしかフラッシュがないので、この点だけを考えても、「ZenFone Selfie」の自撮りへの愛を感じることができますね。

さらに、「美人エフェクト」という機能を使えば、肌をより透き通った白色に見せることができたり、目をハッキリとクッキリとさせることも可能です。

カメラを即座に起動する方法

zenfone selfie
「ZenFone Selfie」には、スリープ状態(画面が暗い状態)からすぐにカメラを起動することができる方法があります。

暗い状態の画面でS字を描いてみてください。

すると、即座にカメラが起動してくれるため、カメラの準備に手間取って、ここぞというときに写真を撮るのを逃す可能性が劇的に下がるということですね。

大切な、貴重な瞬間というのは、一瞬で通り過ぎてしまうこともありますから、こういう機能は積極的に活用してみることをオススメします。

ただ、ぶっつけ本番でS字を描いてみたら、カメラが起動してくれなかったということも起こるかもしれません。

なので、家でこっそりとS字を描く練習を2、3回してみて、カメラがちゃんと必要なときに動作してくれるかどうか確かめてみると、本番で失敗するリスクも減りますね。

「ZenFone Selfie」の弱点

zenfone selfie
「ZenFone Selfie」は性能やデザイン面でのデメリットは特にありませんが、安くはないというのが欠点ではあります。

公式サイトに書いてある端末価格は40,824円(税込み)です。

一般的に、SIMフリースマホは30,000円前後の価格なら、日常生活でなんら支障がない端末を手に入れることができるので、そう考えると「ZenFone Selfie」は高めです。

ですが、「ZenFone Selfie」は上でも紹介したように、自撮り機能が本当に優れているスマホ端末なんですね。

もしあなたが自撮りをよくするということなら、「ZenFone Selfie」を購入したい端末の候補に入れておくのは、充分にアリだということです。

「ZenFone Selfie」の評判

zenfone selfie
「ZenFone Selfie」の評判としては、

・バッテリー持ちが良い
・裏面がカーブしていて持ちやすい
・画面が大きくてキレイ!

などの口コミ情報を見つけることができました。

ただ、本体のサイズが大きめなので、片手のみでの操作がきつい・・・というのがデメリットとして言われている部分です。

とはいえ、「ZenFone Selfie」には「片手モード」という機能があり、画面サイズを変えたり、画面を好きな位置に配置することができるので、問題はありません。

自撮り性能がものすごい高い機種なので、カメラ機能の良さを求めるなら、「ZenFone Selfie」が良いですね。

ですが、その他の性能は「ZenFone 2 laser」とそれほど大きく変わりません。

カメラ性能はそこそこでオッケーということなら、「ZenFone 2 laser」の方が安くてオススメです。

「ZenFone Selfie」のまとめ

「ZenFone Selfie」はASUS製のSIMフリースマホで、「ZenFone」シリーズの中で自撮りに特化しているということがわかりました。

内側カメラにフラッシュが付いていたり、1300万画素という素晴らしい性能を持っていたり、画面が暗い状態でS字を描けばすぐにカメラが起動してくれたりするんですね。

「美人エフェクト」を使えば、自撮りをよりキレイにすることも可能です。

もしあなたが普段から自撮りをする機会があるということであれば、「ZenFone Selfie」はかなりオススメできる機種です。

興味があれば、公式サイトや販売サイトで、「ZenFone Selfie」のより詳しい情報を見てみてくださいね。