楽天モバイルの格安スマホをきめ細やかに説明!

楽天モバイル
楽天モバイルは、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社が運用しているサービスで、格安スマホを取り扱っています。

楽天市場という通販サイトで有名な「楽天」のグループ企業なので安心感がありますね。

楽天モバイルでは、スマートフォンが9,980円という激安価格で買えます。

また楽天モバイルでは、スマホ端末以外にもスマホの月額料金が格安のSIMカードも販売していて、セット購入をすることで、あなたのスマホの月額料金を劇的に安くできます。

ということで、当サイトではスマホ端末とSIMカードのセット買いを中心に、管理人がオススメする組み合わせについても詳しく紹介していきますね。

ちなみに、セット購入をするにもメリット、デメリットがあります。詳しくはこちらのページで書いていますので、あらかじめ見ておくことをオススメします。

また、もしあなたが「格安スマホって何が格安なの?そもそも格安スマホってどういう意味なの?」という状況なら、こちらのページで格安スマホを徹底的に解説しているので、見てみてくださいね。

それでは、楽天モバイルの格安スマホをじっくりと解説していきます!

button_001

楽天モバイルの格安スマホ端末

ここでは、楽天モバイルで販売している格安スマホ端末について紹介していきます。

楽天モバイルのSIMカードの説明は後でしますので、楽しみに待っていてくださいね!

まず、数ある格安スマホ端末の中からあなたに本当に合う端末を見つけるための第一のステップとして、スマホの性能に大きく関わるROMとRAMというものを理解しておく必要があります。

もしあなたが、「ROMとRAMって何なの?」という状態なら、コチラで詳細を書いていますので、見てみてくださいね。

ちなみに、ここで紹介するスマホ端末は「SIMフリースマホ」というものです。

SIMフリースマホのメリットを簡単に言うと、色々な業者のSIMカードを挿し込んで使うことができるため、あなたに本当に合う料金プランを持った業者のSIMカードを利用できるということです。

「SIMフリースマホ」がよくわからなければ、コチラのページでがっつり説明していますので、参考にしてみてくださいね。

それでは、楽天モバイルで取り扱っている格安スマホ端末をザッと見ていきましょう。

楽天モバイルの格安スマホ端末の一覧表はコレだ!

楽天モバイルで販売している格安スマホ端末は、以下の表のようになっています。

機種名 ROM RAM 高速データ通信
(LTE対応)
価格
ZenFone 2
(詳しくはこちら
16GB 2GB 32,800円
32GB 2GB 35,800円
32GB 4GB 45,800円
64GB 4GB 50,800円
ZenFone Selfie
(詳しくはこちら
16GB 2GB 37,800円
ZenFone 2 laser
(詳しくはこちら
8GB 2GB 22,800円
16GB 2GB 27,800円
ZenFone 5
(詳しくはこちら
8GB 2GB 26,400円
Xperia J1 Compact
(詳しくはこちら
16GB 2GB 54,800円
ARROWS M01
(詳しくはこちら
8GB 1GB 36,720円
honor6 Plus
(詳しくはこちら
32GB 3GB 45,800円
P8 lite
(詳しくはこちら
16GB 2GB 28,600円
Ascend G620S
(詳しくはこちら
8GB 1GB 9,980円

性能がバツグンに良いのはこのスマホ端末!

楽天モバイル
「ZenFone 2」のROMが64GB、RAMが4GBのモデルです。

「ZenFone 2」はASUSが作ったスマートフォン端末です。

5.5インチというとても大きな画面で、さらに画質も良く、おまけに本体背面部がカーブしているため、手に馴染みやすいデザインになっています。

また、動作が快適で、バッテリー充電が早くて、写真撮影の機能が良いといった強みもあります。

価格は50,800円ですね。

>>「ZenFone 2」のより詳しい情報はこちら

安さナンバーワンのスマホ端末はコレ!

楽天モバイル
「Ascend G620S」の9,980円ですね。

「Ascend G620S」はHUAWEI(ファーウェイ)のスマホ端末です。

安いですが、LTEに対応している優れもので、インターネット上にある情報を素早くあなたの元へと届けてくれます。

1万円前後の価格帯のスマートフォン端末でLTE対応しているものはほとんどないので、値段の割にかなり性能が良いということですね。

>>「Ascend G620S」のより詳しい情報はこちら

button_001

楽天モバイルの格安スマホ端末に入れるSIMカードについて

ここからは、楽天モバイルで販売している格安SIMカードを解説していきます。

楽天モバイルのSIMカードとは、スマホ端末に挿入して使う小さなカードで、携帯電話の番号、料金プランの情報が埋め込まれています。

実は、楽天モバイルの格安スマホ端末は、楽天モバイルのSIMカード以外のSIMカードを挿し込んでも使えます。

ですが、それぞれのスマホ端末とSIMカードには相性の良いものと悪いものがあり、SIMカードによっては、ここで紹介しているスマホ端末に挿し込んでも使えない場合があります。

使えないSIMカードを買った場合、あなたが損をすることになってしまいます。

こういうミスを防ぐためにも、楽天モバイルで取り扱っている格安スマホ端末とSIMカードをセットで購入することを極めて強くオススメします。

では、楽天モバイルのSIMカードの料金プランについて詳しく説明していきますね。

楽天モバイルのSIMカードの料金プラン

楽天モバイル
楽天モバイルでは、使える機能が異なる3種類のSIMカードを取り扱っています。

・「データSIM(SMSなし)」(インターネットだけできる)
・「データSIM(SMSあり)」(インターネットとSMSができる)
・「通話SIM」(インターネットとSMS、さらに電話ができる)

以下、それぞれのSIMカードの料金プランについて、表にまとめています。

もしあなたが、表にある「データ通信容量」を見ても、動画やウェブサイト、メールがどれくらいやり取りできるのかわからなければ、こちらでかなり詳しく書いていますので、参考にしてみてくださいね。

SIMカードの種類 プラン名 データ通信容量 高速データ通信
(LTE対応)
月額料金
データSIM
(SMSなし)
ベージックプラン なし × 525円
3.1GBプラン 3.1GB 900円
5GBプラン 5GB 1,450円
10GBプラン 10GB 2,260円
データSIM
(SMSあり)
ベーシックプラン なし × 645円
3.1GBプラン 3.1GB 1020円
5GBプラン 5GB 1,570円
10GBプラン 10GB 2,380円
通話SIM ベーシックプラン なし × 1,250円
3.1GBプラン 3.1GB 1,600円
5GBプラン 5GB 2,150円
10GBプラン 10GB 2,960円

button_002

管理人イチオシ!楽天モバイルの格安スマホ端末とSIMカードの組合わせ

格安のスマホ端末とSIMカードの説明がそれぞれ終わりましたが、これらの中からどんな組み合わせを選んだら良いのでしょうか?

楽天モバイルでは、スマホ端末の種類がたくさんありますから、あなたにとって最適なものを選ぶのが大変かもしれません。

また、SIMカードの料金プランも12種類あり、何を基準に、どのようにして選んだら良いの?という疑問もあるかと思います。

ということで、ここでは、スマホをどうやって利用するか?によって、オススメの組み合わせを3つほど紹介しています。

あなたがどの組み合わせを選んだら良いのか悩んでいるなら、以下の情報を参考にしてみてくださいね。

電話をして、さらに動画もインターネットもたっぷり楽しみたいならコレ!

楽天モバイル
「ZenFone 2 laser」と通話SIMの「10GBプラン」がオススメです。

「ZenFone 2 laser」は、日常でスマートフォンを使っていくには充分な性能を持っていて、画面も5インチと大きいため、動画やウェブサイトを存分に楽しむことができます。

通話SIMの「10GBプラン」だったら、動画は1ヶ月あたり75時間も見ることができるため、暇つぶしの道具として、スマホが全力で活躍してくれます。

また、通話SIMなので電話も普通にすることができるので安心です。

スマホとして必要な機能さえ付いていれば良いならコレ!

楽天モバイル
「Ascend G620S」と通話SIMの「ベーシックプラン」がオススメです。

「Ascend G620S」は9,980円という格安のスマホ端末ですが、機能はしっかりとしていて、2万円前後のスマホ端末に相当する性能を持っています。

メールのやり取りはもちろんのこと、インターネットを使ってウェブサイトを見たり、電話で知り合いと通話したり、写真を撮ることも普通にできる機種です。

通話SIMの「ベーシックプラン」は、月額1,250円で利用することができるプランです。

このプランの場合、高速データ通信容量がついていないため、動画を見たりするのは厳しいですが、電話もメールも画像が少なめで文字が多いウェブサイトも見れます。

必要なことは充分にできるということですね。

電話をせず、メールやインターネットができれば良いor2台持ちをしたいならコレ!

楽天モバイル
「ZenFone 2 laser」とデータSIM(SMSあり)の「3.1GBプラン」をオススメします。

電話を一切しないで、メールやインターネットを楽しむにはぴったりのプランです。

2台持ちをする場合は、ガラケーを電話専用の携帯電話として用意して、ここで紹介しているスマホをデータ通信用に持つということです。

2台持ちの場合、スマホ1台で全ての役割を担うプランを選ぶよりも、月額料金を抑えることができます。

「ZenFone 2 laser」のスペックがあれば、特に不自由なくネット上にある情報を見ることができ、メールもできるので安心です。

データSIM(SMSあり)の「3.1GBプラン」は音声通話機能が付いていませんが、データ通信(メールの送受信やウェブサイトを見たり)ができます。

また、スマホを使っている人の多くは1ヶ月あたりのデータ通信容量が3GBもあれば大丈夫というデータもありますので、3.1GBプランが良いということですね。

ちなみに、データSIMには、「SMSなし」と「SMSあり」があるのですが、「SMSあり」のものをオススメします。

なぜかというと、SMS機能が付いていない場合、LINEやFacebookなどの新規アカウントを作ることができず、こういったアプリが利用できないためです。

「データSIM(SMSなし)」よりも、「データSIM(SMSあり)」の方が月額料金は120円高くなってしまいますが、実用面を考えると、「データSIM(SMSあり)」の方が良いということですね。

ということで、「データSIM(SMSあり)」をオススメします。

button_001