nttコムのsimにはどんなものがあるのでしょうか?

nttコム sim

nttコムのsimって、色々な種類があるんですよね。

しかも、種類によって使える機能が違っていたりするので、注意が必要です。

ちなみに、nttコムはnttコミュニケーションを略したものです。nttコミュニケーションで取り扱っているsimが、ocnモバイルoneなんですね。

ということで、この記事では、nttコムのsimについて紹介していきます。

nttコムのsimは、大きく分けて3種類ある

nttコムのsimは、ざっくりと分けると3種類あります。

①データ通信専用sim
このsimは、ウェブサイトや地図を見たり、メールなどができます。
電話をかけることはできませんが、050plusというアプリを使えば電話可能です。

②SMS対応sim
データ通信専用simの機能+SMS(ショートメッセージサービス)ができるsimです。
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)ではなく、SMSですね。

③音声通話対応sim
電話をかけることもできるし、SMSもできるし、ネットに接続したり、メールもできるsimです。最も色々なことができるのが、このsimなんですね。

それでは、それぞれのsimについて、詳しく説明していこうと思います。

データ通信専用simとSMS対応simの特徴はコレ

データ通信専用simは、名前の通り、データ通信のみ行うことができるsimです。

例えば、ウェブサイトを見たり、メールをしたり、Youtubeなどで動画を見たりすることができます。

電話が出来ないのがデメリットですが、LINEやSkype、050plusなどの電話アプリを使えば、電話をすることができます。

データ通信専用simは、3種類のsimの中でももっとも安く提供されています。

なので、携帯電話の月額料金をとにかく安くしたいということであれば、データ通信専用simが良いです。

具体的には、1ヶ月あたり900円で使うことができます。

SMS対応simは、データ通信専用simにSMSという機能が加わったsimのことを言います。

SMSとは、ショートメッセージサービスのことで、相手の電話番号を宛先にして、ちょっとしたメッセージのやりとりができるんですね。

音声通話対応simの特徴はコレ

音声通話対応simは、電話をかけることもできますし、メールやインターネットへの接続、動画を見たり、SMSを使うことができるsimです。

3種類あるsimの中では、一番色々なことができるsimということになります。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)とほとんど同じように、携帯電話を扱うことができるんですね。

しかも、大手キャリアよりも基本料金は5000円程度安いですから、もしあなたが携帯代を安くしたいなら、音声通話対応simがオススメです。

ただ、良いところばかりではなく、欠点もあります。

例えば、、○○○@ezweb.ne.jpや、○○○@docomo.ne.jp、○○○@softbank.ne.jpといったメールアドレスは使うことはできません。

音声通話対応simで使うメールアドレスは、例えば○○○@gmail.comというようなアドレスになります。

メールアドレスにこだわりがあるということなら、大手キャリアを利用したほうがいいです。

でも、メールアドレスには特にこだわりがなく、○○○@gmail.comでもオッケーということであれば、nttコムの音声通話対応simがお得です。

nttコムのsimでオススメなのは・・・

nttコムのsimには、データ通信専用sim、SMS対応sim、音声通話対応simの3種類がありましたね。

この中でオススメなのは、音声通話対応simです。

音声通話対応simなら、電話をかけることもできるし、インターネットやメールをすることも可能だからです。

しかも、今まで大手キャリアで使っていた電話番号を引き継いで利用することができます。

また、月額料金は大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)よりも5000円程度安くなります。

もしあなたが、毎月の携帯電話代がちょっと高いかも・・・と感じているなら、nttコムのsimを使うことで、その悩みは解決するでしょう。

ただ、nttコムのsimは、通話時間30秒あたり20円かかることだけは注意してくださいね。

電話をしまくっていると、大手キャリアよりも携帯代金が高くなってしまうこともありますから。

button_001

※nttコムの格安スマホやSIMカードについて解説しているページへ飛びます。


2015/06/08 nttコムのsimにはどんなものがあるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 格安SIM業者