NifMo(ニフモ)の格安スマホをきめ細やかに説明!

NifMo
NifMo(ニフモ)はニフティ株式会社のサービスで、格安スマホや格安SIMカードを取り扱っています。

ニフティ株式会社は、「@ニフティ(アットニフティ)」というインターネット接続サービスを提供していることでよく知られていますね。

NifMoなら、スマホ端末が31,112円から手に入ったり、「NifMo でんわ」という月額1,300円で電話かけ放題のサービスがあるのが特徴ですね。

またニフモはスマホ端末以外にも、スマホの月額料金を安くするSIMカードも取り扱っていて、これらをセットで購入することであなたのスマホの月額料金をグンと下げることができます。

ということで、当サイトでは格安スマホ端末とSIMカードのセット購入をメインに考え、管理人イチオシの組合せもたっぷりと紹介していきます。

ちなみに、セット購入にはメリットがあるのはもちろんですが、デメリットもあります。詳しくはコチラで解説していますので、興味があれば見てみてください。

また、もしあなたが「格安スマホって一体何?」という状態なら、コチラのページを参考にしてみてください。詳しい解説をしています。

それでは、ニフモの格安スマホを詳しく見ていきましょう!

button_001

NifMo(ニフモ)の格安スマホ端末について

まずは、NifMoの格安スマホ端末の紹介です。

SIMカードについては後でじっくりと解説しますので、楽しみにしていてくださいね!

NifMoでは色々な種類の格安スマホ端末を取り扱っていますが、これらの中からあなたに本当に合う機種を見つけるためには、ROMとRAMというものの知識があることが大切です。

なので、もしあなたがROMとRAMの特徴や違いについてよくわからなければ、コチラのページで詳しく解説していますので、見てみてくださいね。

ちなみに、この記事で紹介しているスマホ端末は「SIMフリースマホ」と呼ばれています。

「SIMフリースマホ」の特徴は色々な格安SIM業者のSIMカードを使えるという点です。

各業者はそれぞれ個性的な料金プランを提供しているので、「SIMフリースマホ」を利用することであなたに本当に合う格安SIM業者を見つけられるということですね。

とても便利な「SIMフリースマホ」についてもっと詳しいことが知りたい場合は、こちらのページに色々と書いていますので、参考にしてみてください。

では、ここからはニフモの格安スマホ端末をより詳しく見ていきます!

NifMo(ニフモ)の格安スマホ端末一覧表はコレ!

NifMoで販売している格安スマホ端末は以下の表の通りです。

機種名 ROM RAM 高速データ通信
(LTE対応)
価格
ZenFone 2
(詳しくはこちら
32GB 2GB 37,778円
ZenFone 2 Laser
(詳しくはこちら
16GB 2GB 31,112円
ZenFone 5
(詳しくはこちら
16GB 2GB 31,112円
arrows M02
(詳しくはこちら
16GB 2GB 33,334円

性能重視で行くならコレ

NifMo

「ZenFone 2」が良いですね。

「ZenFone 2」は画面サイズが5.5インチと大きく、しかも1920×1080という画面解像度なので、画面表示がかなり繊細でキレイです。

また、写真の機能も豊富で、逆光やちょっと暗い場所での撮影も普通にできます。

さらに、iFデザイン賞というものを受賞しているので、見た目の良さにも定評があります。

>>「ZenFone 2」のより詳しい情報はこちら

安さ重視で行くならコレ

NifMo
「ZenFone 2 Laser」が31,112円で販売されています。

「ZenFone 5」も31,112円ですが、この機種は「ZenFone 2 Laser」よりも古い機種です。

名前だけ見ると、「ZenFone 2 Laser」よりも「ZenFone 5」の方が新しく見えますが、逆なので気をつけてくださいね。

「ZenFone 5」よりも「ZenFone 2 Laser」の方がデザイン面やそれぞれのパーツが改善されているので、「ZenFone 2 Laser」を選んでおいたほうが良いですね。

>>「ZenFone 2 Laser」の詳細はこちら

button_001

NifMo(ニフモ)の格安スマホ端末に入れるSIMカードについて

ここからはNifMoで取り扱っているSIMカードの解説です。

まず、SIMカードとは、料金プランや携帯の電話番号の情報が入っている小さなカードのことを言います。

スマホ端末にSIMカードを挿し込まないと、スマホ端末で電話やメール、インターネット接続などができないため、実はSIMカードはめちゃくちゃ重要だということですね。

ちなみに、NifMoで取り扱っているスマホ端末には、NifMo以外のSIMカードも使えます。

ですが、スマホ端末とSIMカードには相性があり、この相性を見極めるための知識がないと、せっかく買ったのに使えなかったということが普通に起こります。

実際、SIMカードのレビューなどを見てみると、私が持っているスマホ端末では使えなかったという声はけっこう多くあります。

なので、こういった購入ミスを防ぐためには、ニフモで取り扱っているスマホ端末とSIMカードをセットで買うことを強くオススメします。

では、ニフモで取り扱っているSIMカードの料金プランはどんな感じなのでしょうか?詳しく解説していきますね。

NifMo(ニフモ)のSIMカードの料金プラン

NifMo
NifMoには、

・データ通信専用SIMカード(名前の通り、データ通信のみできます)
・SMS対応SIMカード(データ通信とSMSができます)
・音声通話対応SIMカード(データ通信とSMSと音声通話ができます)

3種類のSIMカードがあります。

それぞれのSIMカードの料金プランは以下の表の通りです。

ちなみに、下の表の「データ通信容量」がよくわからかったり、どのデータ通信容量にしたら良いのか迷うという場合は、コチラのページで詳しく書いていますので、参考にしてみてくださいね。

SIMカードの種類 プラン名 通信容量 高速データ通信
(LTE対応)
月額料金
データ通信専用SIMカード 3GBプラン 3GB 900円
5GBプラン 5GB 1,600円
10GBプラン 10GB 2,800円
SMS対応SIMカード 3GBプラン 3GB 1,050円
5GBプラン 5GB 1,750円
10GBプラン 10GB 2,950円
音声通話対応SIMカード 3GBプラン 3GB 1,600円
5GBプラン 5GB 2,300円
10GBプラン 10GB 3,500円

ちなみに、ニフモには、「NifMo でんわ」というオプションがあります。

このオプションは定額1,300円/月で電話かけ放題という、電話をよく使う人にとっては非常に嬉しいものなんです。

格安SIM業者の中で現状、電話かけ放題のプランがあるのは、

・NifMo
・Y!mobile

の2社だけです。

ただ、Y!mobileとNifMoの料金を比較すると、トータルの月額料金はNifMoの方が少し安いので、電話をたくさんするなら「NifMo でんわ」を使ってみることをオススメします。

button_002

管理人イチオシ!NifMoの格安スマホ端末とSIMカードの組合せ

ここまででNifMoの格安スマホ端末とSIMカードの解説が終わりましたが、どの組合せで選んだらいいのか?という悩みを持つこともあるかと思います。

スマホ端末の種類は5種類、料金プランは9種類なので、合計で45通りの組み合わせがあるためです。

ということで、ここではどういう風にスマホを利用するかによって、管理人オススメの組合せを紹介していこうと思います。

あなたがニフモでスマホを選ぶときの参考になれば嬉しいです。

動画やウェブサイトをたくさん見る!そして通話機能もいるならコレ!

NifMo
「ZenFone 2 Laser」と「音声通話対応SIMカードの10GBプラン」がオススメです。

「ZenFone 2 Laser」は5インチの画面を備えているため、動画やウェブサイトを見るには良いですし、このサイズだと携帯もしやすいのでオススメです。

「音声通話対応SIMカードの10GBプラン」なら、1ヶ月あたり動画を75時間くらい見ることができるので、容量的には充分です。

また、NifMoなら余った通信容量を翌月に持ち越すことができるため、今月はあまり動画を見なかったけど、翌月は大量に見るといった要望にも応えることができます。

最低限の機能がついていればオッケーならコレ!

NifMo
「ZenFone 2 Laser」と「音声通話対応SIMカードの3GBプラン」が良いですね。

「ZenFone 2 Laser」は値段もお手頃ですし、性能も申し分ないですね。

「音声通話対応SIMカードの3GBプラン」なら、スマホを利用する上で想像するような機能は一通り使えます。

例えば、電話をしたり、メールで文章のやり取りをしたりインターネットにつないで色々と情報収集をしたりといったことができるということですね。

2台持ちor電話しないで、メールやネットはするならコレ!

NifMo
「ZenFone 2 Laser」と「SMS対応SIMカードの3GBプラン」がオススメですね。

ちなみに、2台持ちとは、電話はガラケーで行い、メールやネットといったデータ通信はスマホで行うといった利用方法のことです。

その場合のスマホ端末とSIMカードの組合せとして、もしくは単にデータ通信専用のスマホが欲しい場合にオススメの組合せですね。

「ZenFone 2 Laser」はバランスが良い性能を持ち、値段も30,000円前後というお手頃さなのが良いですね。

「SMS対応SIMカードの3GBプラン」が良い理由は、通信容量3GB/月あれば、多くの場合は足りるからです。

もし足りなければ、あとで容量変更はできるので問題ありません。

また、「データ通信専用SIMカード」ではなくて「SMS対応SIMカード」をオススメしているのも理由があります。

SMS機能がないと「SNS認証」が必要なアプリの新規アカウントが作れず、そういったアプリが利用できないからです。

例えば、LINEやFacebookなどは「SNS認証」をしなくてはいけないですし、こういったアプリは連絡手段として使うことも多いです。

なので、「SMS対応SIMカード」を選ぶことをオススメします。

とにかく電話をたくさんするなら「NifMo でんわ」

NifMo
「ZenFone 2 Laser」と「音声通話対応SIMカードの3GBプラン+NifMo でんわ」がオススメです。

「ZenFone 2 Laser」なら、たいていのことはできるのでオススメです。

「音声通話対応SIMカードの3GBプラン+NifMo でんわ」の場合、月額料金2,900円で電話かけ放題にすることができます。

いくら電話をかけても通話料金がかかることはないので、電話をたくさんしたいなら、この組合せが良いですね。

button_001