格安スマホのau回線業者を徹底解説!機種や評判はどう?

格安スマホ au
格安スマホ業者(格安SIM業者)の中でもau回線を使っている業者がいくつかありますが、月額料金はどれくらい安くなるんでしょうか?

そもそも、格安スマホのau回線業者って何なんでしょうか?

この記事では、格安スマホのau回線業者について徹底解説していきます。

また、おすすめの機種や評判についても触れています。

格安スマホのau回線業者とは?を説明する前に・・・

「格安スマホのau回線業者」について説明する前に、まず、スマホの仕組みについて知っておくことが大切です。

スマホの仕組みを分かっていると、後の話がとてもスムーズに理解できるからです。

 

格安スマホ au

そもそも、スマホを実際に利用できる状態に持っていくには「スマホ端末」と「SIMカード」の2つのものが必要です。

「スマホ端末」とは、名前が示すとおりスマホ本体のことですね。例えば、auの店舗で販売されている「Xperia」や「Galaxy」などがスマホ端末です。

「SIMカード」とは、携帯の電話番号や料金プランの情報が入っている小さなカードのことを言います。

SIMカードをスマホ端末に挿し込むことで初めて、スマホ端末はメールや電話、インターネット接続といったことができるようになるんですね。

つまり、「スマホ端末」と「SIMカード」は切っても切れない関係にあるということです。

私たちはスマホの月額料金を支払っていますが、実はスマホ端末に月額料金を支払っているわけではなく、SIMカードに月額料金を支払っているということですね。

(もちろん、スマホ端末をクレジットカードなどで分割購入した場合は、スマホ端末代も月額料金に加わることになります。)

そして、SIMカードの月額料金が安いものを「格安SIM」と言います。

「格安SIM」を挿し込んでいるスマホのことを「格安スマホ」と言います。

 

ここまでで、スマホの仕組みを説明しました。

スマホの仕組みがわかると、「格安スマホのau回線業者」が簡単に理解できます。

格安スマホにauが参入したわけではない

格安スマホ au
「格安スマホのau回線業者」と書いていますが、auが格安スマホに参入したわけではありません。

auの回線を借りてスマホ事業に参入している業者がいるんですね。こういう業者が販売しているSIMカードのことを「au回線の格安SIM」と言います。

(ちなみに、「au回線の格安SIM」があるということは、「ドコモ回線の格安SIM」もあるということです。ただ、「ソフトバンク回線の格安SIM」というものは、この記事を書いた時点では存在しません。)

「au回線の格安SIM」を差し込んだスマホ端末を「auの格安スマホ」などと言ったりします。

 

「auの格安スマホ」を考える場合、大きく分けて以下の2つの行動のどちらかを選ぶことになります。

1.今持っているスマホ端末に「au回線の格安SIM」を買って挿し込む
この場合、買う必要があるのは「au回線の格安SIM」だけです。

2.新しいスマホ端末とau回線の格安SIMをセットで買う
この場合、買う必要があるのは「スマホ端末」と「au回線の格安SIM」です。

「格安SIM」を先に知っておくと「スマホ端末」の説明もしやすくなるので、まずは「格安SIM」について詳しく解説していきますね。

格安スマホのau回線業者のプランについて

格安スマホ au
格安スマホのau回線業者のプランを説明します。

まず、au回線の格安SIMを販売してる業者(「格安スマホ業者」とも呼ばれます)は、2つあります。

【mineo(マイネオ)】
mineoは株式会社ケイ・オプティコムが運用しています。

mineoには、auプラン(「Aプラン」とも呼ばれる)とドコモプラン(「Dプラン」とも呼ばれる)の2種類のプランがあります。

この記事はau回線の格安スマホについての説明なので、auプランについて後で詳しく見ていきます。

【UQ mobile(ユーキューモバイル)】
UQ mobileはUQコミュニケーションズ株式会社が運用しています。

UQ mobileのプランは色々あるので、後で詳しく説明しますね。

 

格安スマホのau回線業者のプランをざっと説明しましたが、ここからはそれぞれのプランをより詳しく見ていきましょう!

格安スマホのau回線業者の料金はどうなっている?

格安スマホのau回線業者の料金は、「mineo」と「UQ mobile」のそれぞれの業者で異なります。

 

格安スマホ au
mineoの格安SIMの料金プランは以下の表のようになっています。

【mineoのauプランの月額料金】
タイプ 機能 通信容量 高速データ通信
(LTE対応)
月額料金
シングルタイプ データ通信
SMS
500MB/月 700円
1GB/月 800円
3GB/月 900円
5GB/月 1,580円
10GB/月 2,520円
デュアルタイプ データ通信
SMS
音声通話
500MB/月 1,310円
1GB/月 1,410円
3GB/月 1,510円
5GB/月 2,190円
10GB/月 3,130円
・上の表の通信容量についての詳しい説明はこちらで解説しています

・上の表の「機能」という項目について

データ通信:メールやインターネット接続などのことです。

SMS:電話番号を宛先にしてメッセージを送るサービスのことです。

音声通話:電話のことです。

 

格安スマホ au
「UQ mobile」の料金プランは以下の表のようになっています。

【「UQ mobile」のプランの月額料金】
プラン名 機能 通信容量 高速データ通信
(LTE対応)
月額料金
データ高速
プラン
データ通信
SMS
3GB/月 980円
データ高速
プラン(v)
データ無制限
プラン
データ通信
SMS
無制限 × 1,980円
データ無制限
プラン(v)
データ高速+
音声通話プラン
データ通信
SMS
音声通話
3GB/月 1,680円
データ高速+
音声通話プラン(v)
データ無制限+
音声通話プラン
データ通信
SMS
音声通話
無制限 × 2,680円
データ無制限+
音声通話プラン(v)
ちなみに、(v)が付いているプランは「VoLTEプラン」と呼ばれるものです。

「VoLTEプラン」の場合、電話をするときにLTE回線を使うため、通話時の音質がより良いという特徴があります。

ただ、「VoLTEプラン」には「VoLTE対応SIM」というSIMカードが使われていて、「VoLTE対応SIM」が利用できる端末は限られています。

「UQ mobile」のウェブサイトにある動作確認端末一覧ページのSIM種別が「マルチSIM」のスマホ機種については「VoLTE対応SIM」が使えるので、(v)が付いているプランを選んでください。

一方、SIM種別が「microSIM」や「nanoSIM」となっているものについては、(v)が付いていないプランの中から選んでいただければ大丈夫です。

格安スマホのau回線業者を比較!どの業者が良い?

格安スマホ au
格安スマホのau回線業者を比較していきます。

mineoとUQ mobileのどちらが良いのでしょうか?

分かりやすく比較するために、両者のプランで共通している通信容量3GB/月のプランの料金を比べてみました。

【「mineo」と「UQ mobile」の通信容量3GB/月の料金比較】
  mineo UQ mobile
「データ通信+SMS」ができて、
通信容量3GB/月のプラン
900円 980円
「データ通信+SMS+音声通話」ができて、
通信容量3GB/月のプラン
1,510円 1,680円

こうしてau回線の格安スマホ業者を比較してみると、同じプランでも「UQ mobile」よりも「mineo」の格安SIMの方が安く利用できることがわかりますね。

また、mineoは無料で「***@mineo.jp」というメールアドレスを提供していますが、UQ mobileは月額200円で「***@uqmobile.jp」というメールアドレスを提供しています。

メールアドレスの点から考えても、mineoの格安SIMの方がお得です。

もしあなたがスマホの月額料金をより安くしたくて、よりお得な方を選びたいならmineoがオススメですね。

>>mineoをもっと知るならこちら

 

ここまでで、au回線の格安SIMについての説明は終わりです。

次は、スマホ端末についての説明をしていきます。

スマホの機種をau回線業者の格安SIMで使う場合について

「au回線業者の格安SIM」を使って、格安スマホを実際に使っていこうと考えるとき、

・今持っているスマホ機種を引き続き使い、格安SIMだけ買う

・スマホ機種を新しく買い、格安SIMも買う

という2つの場合があります。

今持っている機種を引き続き使う場合

格安スマホ au
もしあなたがスマホ機種を持っているなら、その端末にauの格安SIMを挿し込んで使うことができる可能性があります。

ただ、「mineo」や「UQ mobile」の格安SIMが使えるスマホ機種はある程度決まっているんですね。

あなたが持っているスマホ機種が使えるのかどうか?を知る方法があります。

「mineo」や「UQ mobile」といった格安スマホ業者のウェブサイトにはそれぞれ、「動作確認端末一覧」というページがあります。

「動作確認端末一覧」のページを見ることで、あなたが今使っているスマホ機種にau回線の格安SIMが利用できるかどうかがわかりますので、是非とも見てみてくださいね。

ちなみに、「auのスマホ機種」と「au回線の格安SIM」の組み合わせなら、使える可能性が高いです。

格安スマホへ!auのiPhoneの月額料金を激安にする方法

格安スマホ au
「mineo」や「UQ mobile」の動作確認端末一覧ページを見ていただけるとわかるのですが、auのiPhoneに格安SIMを挿し込んで使うこともできます。

例えば、iPhone5CやiPhone5S、iPhone6などが格安SIMで利用できるので、iPhoneシリーズの端末を格安スマホにすることができるんですね。

「見た目のデザインがかっこいいiPhoneシリーズの機種を、安い月額料金で使いたい!」

という願いを格安SIMで叶えられるということです。

 

ただ、auのiPhone端末に格安SIMを挿し込んだ場合、テザリングを利用することができない点に気をつけてください。

(テザリングとは、スマホを使ってノートパソコンなどをネットにつなげることを言います。)

もしあなたがテザリングを使っていこうと考えているなら、iPhone以外の端末を選んだほうが良いということですね。

また、auのiphoneのシリーズによっては、通話はできるけれど、データ通信(メールやネット接続など)ができないものもあったりします。

詳しくはそれぞれの業者の動作確認端末一覧ページをチェックしていただければわかるので、興味があれば見てみてください。

格安スマホの本体を新しく買って、au回線の格安SIMを使う場合

格安スマホ au
格安スマホの本体を新しく買って、その本体にau回線の格安SIMを使っていこうと考えた場合、大きく分けて以下の2つのパターンがあります。

 

1.中古のスマホ機種を買う

Amazonなどの通販サイトでは、中古のスマホ機種が売っています。

中古なので、新品よりも安い値段でスマホ端末が手に入ります。

ただ、この場合も、買おうと思っている中古のスマホ端末がmineoやUQ mobileの格安SIMに対応しているかどうかを確認する必要があります。

それぞれの業者の「動作確認端末一覧ページ」を見て、確認してみてください。

ちなみに、中古のスマホ本体のことを「白ロム」とも言いますので、検索するときに「白ロム」という単語を使って調べて見ても良いですね。

 

2.格安スマホのau回線業者が販売しているスマホ端末を買う

mineoやUQ mobileといった格安スマホ業者では、スマホ本体を販売しています。

例えば、mineoで販売しているスマホ機種と格安SIMをセットで買う場合、この組み合わせは相性が良いことが最初からわかっています。

なので、動作確認端末一覧ページを見なくて良いというメリットがあります。

では、mineoやUQ mobileではどんなスマホ端末を販売しているのでしょうか?

表でまとめると、以下のようになります。

(下の表のROMとRAMがよくわからなければ、こちらのページを参考にしてみてください。)

【mineoで販売しているスマホ端末】
機種名 ROM RAM 高速データ通信
(LTE対応)
価格
arrows M02
(詳しくはこちら
16GB 2GB 28,800円
LUCE
(詳しくはこちら
8GB 1.5GB 19,200円
【UQ mobileで販売しているスマホ端末】
機種名 ROM RAM 高速データ通信
(LTE対応)
価格
arrows M03 16GB 2GB 38,800円
DIGNO L 16GB 2GB 48,000円
arrows M02
(詳しくはこちら
16GB 2GB 34,800円
LG G3 Beat
(詳しくはこちら
8GB 1GB 34,800円
KC-01
(詳しくはこちら
8GB 1.5GB 29,760円

格安スマホのau回線業者の端末でおすすめなのはどれ?

auの格安スマホ業者のmineoとUQ mobileが取り扱っているスマホ端末を紹介しましたが、おすすめの端末はどれなんでしょうか?

 

【安いのが良いならコレがおすすめ!】

格安スマホ au
「LUCE」が19,200円で販売されています。

24回の分割払いを利用すれば、月々800円でこの端末を手に入れられるということですね。

1日あたりで換算すると、約27円です。

「LUCE」はここで紹介してる格安スマホ端末の中でもっとも安いですから、安さ重視でauの格安スマホ端末を選ぶなら、LUCEがおすすめです。

>>LUCEのより詳しい情報はこちら

 

【性能と価格のバランスが良い機種を求めているならコレがおすすめ!】

格安スマホ au
auの格安スマホ業者の端末の中で、2015年10月29日に発売された機種を詳しく紹介します。

「arrows M02」という富士通製のスマホ端末です。

「arrows M02」は性能と価格のバランスが良い機種です。

まず、この端末は日本の企業が作ったということで安心感があります。

また、性能も必要かつ充分なものを持っています。

記憶容量であるROMは16GBです。最近人気があるスマホ機種の多くがこの容量であることを考えると、充分だということがわかります。

動作の快適さに関わるRAMは2GBです。2GBあればサクサクの動作です。

「arrows M02」は電池持ちも良く、3日も使い続けることができるほどです。スマホ端末によっては1日持たないものもありますから、かなり優秀なんですね。

さらに、「arrows M02」はおサイフケータイが付いているので、財布代わりに使うこともできますし、防水・防塵の機能が付いているので、水やホコリにも強いです。

寒い時期には「手袋タッチ」という機能を使うことで、手袋をしながらの操作をすることもできます。

おまけに、通話時の音声を聞き取りやすくする機能や、こちらの声をより聞こえやすく相手に届ける機能も付いています。

>>「arrows M02」をもっと知るならこちら

auから格安スマホのau回線業者に乗り換えをしたい!なら・・・

auから格安スマホのau回線業者に乗り換えをしたい、しかも電話番号を変えずに!という希望もあるかと思います。

その場合はMNPが便利です。

MNPとは、携帯電話番号ポータビリティのことです。

例えば、auと契約していたときに使っていた電話番号があるとします。その電話番号を引き続き、au回線の格安スマホ業者と契約しているときにも使えるんですね。

MNPをするために必要なものは以下の3点です。

・MNP予約番号(取得方法はそれぞれの格安SIM業者のサイトで紹介されています)
・クレジットカード(格安スマホの月額料金を支払うために必要です)
・運転免許証などの本人確認書類(これがないと申し込み手続きが完了できません)

mineoに乗り換える場合と、UQ mobileに乗り換える場合では、ほとんど手順が一緒ではありますが、最終的な申し込みをする場所がそれぞれの業者になっているという違いはあります。

詳しくはそれぞれの業者のウェブページを見てみてくださいね。

格安スマホのau回線業者の評判はどう?

格安スマホ au
格安スマホのau回線業者の評判はどうなんでしょうか?

mineoとUQ mobile、それぞれの業者を利用している人の口コミやレビューをまとめてみました。

 

【mineoの評判】

・月額料金が劇的に安くなりました!
・電話も普通にできます
・通信速度も速くて、動画やウェブサイトがスムーズに見ることができました
・正直に言って、mineoで充分でした

mineoは、とある大手通販サイトでSIMカードの売り上げ第一位を獲得したほどなので、口コミ数も多いですね。

もっと早く三大キャリアからmineoの格安SIMに変えれば良かったという声もありました。

一方で、サポートの対応が良かったと言っている人や、微妙だったと言っている人がいました。

どの業者でもよくあることですが、サポートについては、対応してくれる人によって多少の差があるものなので仕方がないかなとも思っています。

管理人がmineoに電話して問い合わせたときは、とても親切な対応をしてくれました。

全体的な印象として、mineoの格安SIMの評判は、大半の方が満足して使っているという感じですね。

 

【UQ mobileの評判】

・通話が問題なくできました
・無制限プランは文字中心のウェブサイトは快適だけど、動画などを見るのは厳しいです

また、朝や昼など、多くの人がスマホを利用する時間帯では通信速度の低下があるという声がありました。

ただ、それ以外の時間帯では快適に使えているといった印象ですね。

 

au回線の格安スマホ業者であるmineoとUQ mobileの評判を見てみると、mineoの方が口コミ情報が多く、満足度も高いという印象です。

実際、mineoの格安SIMの方が月額料金も安いですし、メールアドレスも無料でもらえますから、管理人はmineoをオススメします。

Q&A

au回線の格安スマホ業者を利用することを考えたときに、よく出てくる質問をまとめてみました。

興味があれば参考にしてみてくださいね。

au回線業者の格安スマホはテザリングが使えるの?

格安スマホ au
au回線業者の格安スマホでテザリングができるかどうか?については、スマホ機種と格安SIMの組み合わせによって変わってきます。

詳しくはmineoやUQ mobileの動作確認端末一覧ページを見てみてください。

mineoの動作確認端末一覧ページに行くと、以下のような表が出てきます。

格安スマホ au

この表のテザリングの項目に「◎」や「○」が書いてあれば、テザリングが使えます。

「×」や「-」と書いてある場合は、テザリングが使えません。

UQ mobileの動作確認端末一覧ページも同様に、テザリングの項目が「○」なら利用可能で、「×」や「-」だと利用不可です。

テザリングとは、スマホを使ってノートパソコンやゲーム機などをインターネットに接続することを言います。

テザリングのメリットは、スマホの電波が届く範囲ならどこでも、ノートパソコンなどをネット接続することができるという点ですね。

au回線業者の格安スマホでテザリングを使いこなし、インターネットをより楽しんでいただければと思います。

二台持ちをしたいのですが・・・

格安スマホ au
そもそも二台持ちとは、ガラケーを電話専用機として使い、スマホ端末でメールやインターネットを楽しむといった使い方をすることを言います。

なぜ一台持ちではなく、わざわざ二台持ちをするのかというと、その方が月額料金が安くなる場合があるからです。

「mineo」や「UQ mobile」といった格安SIM業者の場合、通話時間30秒あたり20円の通話料金がかかります。

一方、auのガラケーで通話し放題のプランを使った場合、いくら電話をかけても月額2,200円のままです。

このことを踏まえて、「auのガラケーとau回線の格安スマホ機種の二台持ち」と「au回線の格安スマホ機種のみ」を利用していく場合の実際の月額料金を比較してみましょう。

 

【auのガラケーとau回線の格安スマホ機種の二台持ちの場合】

auのガラケーは、月額2200円で通話し放題が使えます。

また、au回線の格安スマホ機種は、mineoの格安SIMと組み合わせることで月額700円から利用できます。

この場合、月額料金は2,200円+700円=2,900円ということになります。

 

【au回線の格安スマホ機種のみの場合】

mineoで通話ができるプランの中で、月額基本料が最安のものは1,310円です。

mineoの格安SIMで通話をする場合、30秒あたり20円かかるので、40分通話をすると1,600円の通話料金がかかります。

なので、月額料金は1,310円+1,600円=2,910円かかります。

 

上の例の場合、40分以上通話をする予定があるなら、二台持ちの方がお得になるということですね。

こんな感じで、二台持ちをした方が月額料金がお得になる可能性があります。

格安スマホのau回線業者では、メールアドレスはどうなるの?

格安スマホ au
au回線の格安スマホ業者では、auのメールアドレス(***@ezweb.ne.jp)を使うことはできません。

auのメールアドレスは、auと契約していないと利用することができないからです。

au回線の格安スマホ業者の場合、mineoやUQ mobileと契約することになります。

なので、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールを使うことになるんですね。

・Gmailの場合は「***@gmail.com」

・Yahoo!メールの場合は「***@yahoo.co.jp」

このようなメールアドレスを利用していくということです。

ちなみに、auやドコモやソフトバンクのメールアドレスのことを「キャリアメール」と呼びます。

具体的には「***@ezweb.ne.jp」「***@docomo.ne.jp」「***@softbank.ne.jp」というメールアドレスのことです。

 

【「auのメールアドレス」と「フリーメール」の違いは?】

「auのメールアドレス」はキャリアメールと言われていますが、キャリアメールじゃないと登録できないサービスがあったりします。

もしあなたが利用したいサービスがキャリアメールじゃないと登録できないなら、auとの契約を続けていくほうが良いですね。

また、フリーメールからキャリアメールにメールを送った場合、ちゃんとメールが届かない可能性があります。

キャリアメールを使っている人が、フリーメールからのメールを迷惑メール設定していると、そういうことが起こりえます。

対処法としては、キャリアメールを使っている人に、迷惑メール設定の解除をお願いするということですね。

このように、フリーメールを利用していくと若干の不便を感じる部分が出てくるかもしれないということは頭に入れておいていただければと思います。

ただ、ちょっとしたメッセージのやり取りぐらいだったら、LINEやFacebookなどのアプリを使えばできます。格安スマホでは、こういうアプリを利用するのがオススメです。

ちなみに、au回線の格安SIM業者の「mineo」や「UQ mobile」は、それぞれ独自のメールアドレスを提供しています。

「mineo」の場合、無料で「***@mineo.jp」というメールアドレスがもらえます。

「UQ mobile」の場合、オプションで「***@uqmobile.jp」というメールアドレスを使うことができます。月額200円です。

mineoの方が安上がりで済むということですね。

格安スマホのau回線業者のまとめ

格安スマホのau回線業者を実際に利用するためには、大きく分けて以下の2つの方法があることがわかりました。

1.今持っているスマホ端末にau回線の格安SIMを挿し込んで使う
2.スマホ端末を新しく買い、au回線の格安SIMも買う

いずれにしても、スマホ端末とau回線の格安SIMの相性をチェックする必要があります。

相性のチェック方法については、au回線の格安SIMを販売しているmineoとUQ mobileのウェブサイトにある動作確認端末一覧ページを見てみてください。

もしあなたがmineoとUQ mobileのどちらにしたら良いか迷ったら、月額料金がより安くて評判も良いmineoの格安SIMをオススメします。

auの格安SIMを利用すれば、三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の月額料金と比べて5,000円くらい安くなることもあり得ます。

興味があれば、mineoやUQ mobileなどの格安スマホ業者のウェブサイトを見てみてくださいね。

この情報があなたのスマホ代を安くするきっかけになれば嬉しいです。

格安スマホの比較ランキング|おすすめ機種を価格・性能・業者別に解説!

格安スマホ 比較
格安スマホの機種の比較をしたいけど、種類が多すぎてよくわからない・・・

もしあなたがこんなことを思っているなら、この記事を参考にしてみてください。

この記事では、

・格安スマホのおすすめ機種
・格安スマホ業者の比較ランキング

について詳しく説明しています。

また、格安のスマホ本体選びに迷ったときに、まず検討すると良い機種についても触れています。あなたが端末を比較する時の道しるべになれば嬉しいです。
「格安スマホの比較ランキング|おすすめ機種を価格・性能・業者別に解説!」の続きを読む…

格安スマホのメリット・デメリットって何なの?LINEやメールは普通に使える?

格安スマホ メリット デメリット
格安スマホのメリット・デメリットって何なのでしょうか?

メールやLINEは普通に使えるのでしょうか?

このページでは、格安スマホのメリットとデメリットについて紹介していきます。

また、格安スマホのデメリットを解決する方法もお伝えしていきますね。

(もしあなたが格安スマホのことがよくわかっていなければ、こちらのページを参考にしてみてください。)
「格安スマホのメリット・デメリットって何なの?LINEやメールは普通に使える?」の続きを読む…

格安スマホとは何か?おすすめのスマホの選び方を公開!

格安スマホとは
格安スマホとは、いったい何なのでしょうか?

どれくらいの価格のものが格安スマホと呼ばれているのでしょうか?

この記事では、格安スマホについて徹底的に解説していきます。

また、格安スマホの選び方についても説明しています。
「格安スマホとは何か?おすすめのスマホの選び方を公開!」の続きを読む…