格安SIM業者の比較ランキング|音声通話・データ通信速度・価格で解説!

格安SIM 比較

格安SIMの比較をしたいけど、どう比較したいいのかわからない・・・

そんなあなたへ、このページでは当サイト管理人が厳選した格安SIM業者の総合ランキングを一覧比較表にして紹介しています。

その後、

・最安の格安SIM業者
・音声通話がお得な業者
・データ通信(メールやウェブサイト、動画を見るなど)のみの場合におすすめの格安SIM業者
・シェアプランがある格安SIM業者

についての比較ランキングも書いています。

ちなみに、格安スマホ業者(MVNO業者)の総合ランキングは、以下のボタンのページ先で詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

格安SIM業者を徹底比較:総合ランキングを発表!

管理人が選んだ格安SIM業者の総合ランキングを一覧比較表で紹介していきます。

ここでは、それぞれの格安SIM業者の最安プランや利用者の多さ、取り扱い端末数をわかりやすく表にまとめていますので、比較をするときに参考にしてみてくださいね。

利用者の多さとは、格安SIMを使っている人が実際にどの業者を利用しているかを表したものです。

例えば、楽天モバイルは17.8%なので、格安SIMを使っている人が100人いるとしたら、約18人は楽天モバイルを利用しているということですね。

(利用者の多さについては、MMD研究所というリサーチ機関のデータを基にしています。)

【格安SIM業者の総合ランキング!】
業者名 最安料金 利用者の
多さ
取り扱い
端末数
無制限プラン 総合評価

楽天モバイル

525円/月

17.8%

17機種

5分かけ放題
低速通信無制限

mineo

700円/月

8.7%

5機種
×

BIGLOBE SIM

900円/月

9.4%

11機種
×
DMM mobile
440円/月

6.9%

11機種

低速通信無制限
IIJmio
900円/月

13.0%

7機種

5分かけ放題
OCN モバイル ONE
900円/月

18.4%

9機種

5分かけ放題
DTI SIM
600円/月

4.0%

1機種

5分かけ放題
高速通信無制限
FREETEL SIM
299円/月

4.5%

8機種

5分かけ放題
0 SIM
(So-net
モバイルサービス)

0円/月

5.3%

0機種
×
TONEモバイル
(TSUTAYAのスマホ)

1000円/月

2.0%

2機種

低速通信無制限
イオンモバイル
480円/月

6.3%

9機種
×
UQ mobile
980円/月

4.2%

7機種
×

格安SIMの比較:最安なのは結局どの業者?

格安SIMの月額料金を比較したところ、最安業者が見つかりました!

「So-net モバイルサービス」が提供している「0 SIM(ゼロシム)」です。

「0 SIM(ゼロシム)」は名前が示す通り、月額料金0円で利用することができる格安SIMです。

ただ、1ヶ月あたりのデータ通信量が500MB以上になると、+100MBごとに100円の料金が加算されていく仕組みになっていきます。

(ウェブ上の動画を3時間45分ほど見ると、500MBに達するイメージです)

「0 SIM(ゼロシム)」には機能が異なる3つのプランがあります。料金比較表は以下の通りです。

「0 SIM(ゼロシム)」の料金比較表
  データ専用プラン データ+SMSプラン データ+音声プラン
月額料金 0円~1,600円 150円~1,750円 700円~2,300円
データ通信
SMS ×
音声通話 × ×

機能をつければつけるほど「0 SIM(ゼロシム)」の月額料金が高くなるということですね。

安い状態で利用したいなら、最低限の機能が付いているプランでやっていくのがポイントになってきます。

最安値でスマートフォンを利用したいなら、「0 SIM(ゼロシム)」を基準にして比較をしてみてくださいね。

格安SIMの比較:音声通話・電話かけ放題がある業者はココ!

格安SIM業者の中で、音声通話プラン(音声通話機能付きSIM)についての比較をしてみました。

格安SIM業者の音声通話の一般的な料金価格は30秒あたり20円ですが、格安SIM業者によっては、通話料金が半額になったり、無料で通話できるアプリがついていたり、通話し放題のプランがあったりと、お得に通話できるサービスを提供しているところもあります。

ここでは、お得な通話サービスがついている格安SIM業者の中で、より長い時間通話ができる順にランキング形式で比較して紹介します。

 Y!mobile
格安SIM 比較 ワイモバイル

Y!mobile(ワイモバイル)のスマホプランは、10分以内の通話が1ヶ月あたり300回まで無料です。

さらに「スーパーだれとでも定額」という月額1,000円のオプションを利用すれば、時間を気にすることなく無制限で電話かけ放題、つまり価格が定額になります。

もしあなたがは不特定多数の人とたくさん電話をするなら、他の業者と比較して電話代が格安で使いやすいワイモバイルがおすすめです。

>>Y!mobileの詳細はこちら

 楽天モバイル
格安SIM 比較 楽天モバイル

楽天モバイルという格安SIM業者には「楽天でんわ」という通話アプリがあり、これを使って電話をすると30秒あたり10円という価格で音声通話ができます。

さらに、「楽天でんわ」には5分かけ放題オプションがあり、これを利用することで5分以内の電話かけ放題になります。このオプションは月額850円です。

つまり、楽天モバイルは不特定多数の人と比較的少ない時間通話するならすごくおすすめだということですね。

>>楽天モバイルの詳細はこちら

 mineo(マイネオ)
格安SIM 比較 mineo

mineo(マイネオ)は「LaLa Call」という通話アプリが月額基本料無料で利用できます。

「LaLa Call」で携帯電話向けに通話をすると1分18円、固定電話向けに通話をすると3分8円という格安料金で通話でき、さらに「LaLa Call」利用者同士だと無料で電話できます。

もしあなたが「LaLa Call」利用者と頻繁に電話をすることになりそうなら、格安SIM業者の比較をするときにmineo(マイネオ)を検討すべき業者に加えておくと、格安で利用できる可能性があります。

>>mineo(マイネオ)の詳細はこちら

格安SIMの比較:データ通信のみ・1ヶ月のデータ容量でSIMを比べました!

データ通信のみの機能があれば良いという場合や月額のデータ容量でおすすめ格安SIM業者を比較していきます。

(データ通信とは、メールや動画、ウェブサイトを見るなどのことです)

比較する際に重要なことは、1ヶ月でどれくらいデータ通信をするかによっておすすめのプランが変わってくるということです。

なので、ここでは、

・メールやLINEなどのメッセージのやり取りができれば良い
・メールやLINEはもちろんのこと、動画やウェブサイトもそこそこ見る(1日あたり45分程度)
・データ通信をたくさんするので、データ無制限や通信容量が多いプランを利用したい

という3つの場合に分けて、比較ランキングを紹介していきます。

データ通信のみで格安SIM業者を比較する時にちょっとでも役に立てばと思います。

メールやLINEなどのメッセージのやり取りさえできればいいなら・・・

 DMM mobile
格安SIM 比較 DMM mobile

DMM mobileの「データSIMプラン」の容量が「ライト」のものをオススメします。

このプランは通信容量の制限は特にないのですが、通信速度が遅いので動画やウェブサイトを見るのはきついのです。

ただ、LINEやメールくらいなら充分できる通信速度は出るんですね。

DMM mobileは他の格安SIM業者と比較してかなり格安な月額料金です。

>>DMM mobileの詳細はこちら

 楽天モバイル
格安SIM 比較 楽天モバイル

楽天モバイルのデータSIMのベーシックプランが格安でおすすめです。

このプランは通信容量の制限はありませんので、LINEやメールなどのメッセージのやり取りは存分にできます。

ですが、通信速度が他のプランと比較して遅いので、ウェブページや動画を楽しむのは厳しいです。

>>楽天モバイルの詳細はこちら

 0 SIM
格安SIM 比較 0 SIM

「0 SIM(ゼロシム)」は月額0円から利用できるSIMカードです。

1ヶ月あたりのデータ通信量500MBまで0円で利用できます。

データ通信量が500MBあれば、メールは5万通ほど、LINEは20万回ぐらいやり取り可能です。

ただ、500MBを超えると100MBごとに月額料金が100円増えます。

その点が1位と2位の格安SIMと比較すると大きく異なってくる点ですし、うっかり使いすぎると格安ではなくなってしまうので注意してくださいね。

動画やウェブサイトを1日あたり45分程度閲覧するなら月3GBプランがベスト!

動画やウェブサイトを1日45分程度閲覧するくらいなら、通信容量が3GB/月のプランで充分です。

なので、3GB/月のプランがある格安SIM業者で人気があるところをランキング形式で比較していきましょう。

ちなみに、スマホ利用者の多くは通信容量が3GB/月以内で収まっているというデータもあります。(MMD研究所調べより)

悩んだらまずは3GB/月から検討してみましょう。

 楽天モバイル
格安SIM 比較 楽天モバイル

楽天モバイルには3.1GBプランというものがあり、オススメです。

他の格安SIM業者と比較して、楽天モバイルは利用者がすごく多いというのもポイントですね。

>>楽天モバイルの詳細を見てみる

 mineo(マイネオ)
格安SIM 比較 mineo

mineo(マイネオ)の通信容量3GB/月のものがおすすめですね。

mineo(マイネオ)にはドコモプランとauプランがあり、それぞれ対応端末が異なりますので、mineo(マイネオ)の動作確認端末一覧ページで使える機種を比較しておくのも良いですね。

>>mineo(マイネオ)の詳細を見てみる

 BIGLOBE SIM
格安SIM 比較 BIGLOBE SIM

「BIGLOBE SIM」のエントリープランが3GB/月の通信容量です。

このプランを軸に、他の通信容量の格安SIMを比較するのも1つの手です。

>>BIGLOBE SIMの詳細を見てみる

もしあなたがデータ通信無制限プランを求めているなら・・・

格安SIMを比較するときに、ウェブサイトや動画を毎日ガンガン閲覧したいなら、データ通信無制限プランやデータ通信容量が多いプランがある格安SIM業者がおすすめです。

ここでは、そういったプランがある業者を、利用者数や通信容量の多さを比較してランキング形式で紹介しています。

それでは、見ていきましょう。

 U-mobile
格安SIM 比較 U-mobile

U-mobileには、「LTE使い放題」というプランがあります。

「LTE使い放題」なら、通信容量を気にすることなくデータ通信を楽しむことができるんですね。比較的格安な月額料金です。

>>U-mobileの詳細はこちら

 DTI SIM
格安SIM 比較 DTI SIM

「DTI SIM」には「ネット使い放題」というプランがあります。

名前の通り「ネット使い放題」ですから、他のプランと比較して、スマホで動画やウェブサイトをたっぷりと見ることができます。

ちなみに、「DTI SIM」には「でんわかけ放題」というオプションがあり、5分以内の電話をかけ放題にすることも可能です。

 楽天モバイル
格安SIM 比較 楽天モバイル

楽天モバイルにはデータ通信使い放題の無制限プランはありませんが、10GB/月のプランがあります。

10GB/月なら、動画やウェブサイトといったデータ通信を1日あたり2時間程度は楽しむことができます。

>>楽天モバイルの詳細はこちら

【注意!!!】ちなみに、データ通信のみの格安SIMを選ぶなら、SMS機能をオプションで付けた方が良いと管理人は考えています。(音声通話SIMには最初からSMS機能が付いています。)

というのも、SMSがないと、「SMS認証」が必要なアプリやサービスの新規アカウントを取得することができないからです。

例えば、LINEやFacebookなどで新しくアカウントを作る場合、「SMS認証」があります。

「SMS認証」が必要なサービスはけっこう多いので、どんなサービスやアプリを利用するかが決まっていないなら、SMS機能に対応している格安SIMの方が後で面倒なことにならなくて済むということですね。

格安SIMの比較:シェアプランでデータ容量の残りを家族と分け合いたいなら

格安SIM業者の比較をする時に、シェアプランがあるかどうかが決め手になるときがあります。

シェアプランとは何なのでしょうか?

例えば、父、母、娘の3人家族がいるとします。

父がデータ通信容量10GBの格安SIMを使っていて、さらに2枚格安SIMを追加し、計3枚の格安SIMが手元にある場合、

父:1枚目の格安SIMで2GB消費
母:2枚目の格安SIMで3GB消費
娘:3枚目の格安SIMで5GB消費

といった使い方ができます。

つまり、複数枚の格安SIMでデータ通信容量が分け合えるプランのことを、シェアプラン(シェアSIM)と言うんですね。

それでは、シェアプランがある格安SIM業者の比較ランキングを見ていきましょう。

 IIJmio
格安SIM 比較 IIJmio

IIJmioは全ての料金プランで、シェアプランを利用することができます。

もちろん、1人で利用するということであれば、1枚の格安SIMのみを申し込むこともできます。

>>IIJmioの詳細を見てみる

 DMM mobile
格安SIM 比較 DMM mobile

「DMM mobile」にはシェアコースというものがあります。

シェアコースを利用することで、複数の格安SIMを利用することができ、複数の端末を「DMM mobile」の格安料金で使うことができるんですね。

シェアコースを使えば、1枚ずつ格安SIMを契約するのと比較して月額料金がより格安になるので、お得です。

>>DMM mobileの詳細を見てみる

 BIGLOBE SIM
格安SIM 比較 BIGLOBE SIM

「BIGLOBE SIM」はライトSプラン(通信容量6GB/月)と12ギガプラン(通信容量12GB/月)の2つのプランでシェアプランを利用することができます。

音声通話スタートプランやエントリープランにはシェアプランはないので、プランを比較するときには気を付けてくださいね。

>>BIGLOBE SIMの詳細を見てみる

格安SIMの比較:端末セット・おサイフケータイ機能付きの業者のランキングについて

格安SIMと端末セットで販売している業者はたくさんありますが、どこがおすすめなのでしょうか?

このページでは、格安SIM(SIMカード)を中心に解説してきましたが、各業者によって販売している端末の機能や価格も様々です。

下記のページで、格安スマホ(端末のみ)についても各業者ごとに詳しく紹介して比較していますので、是非見ていってください。

取り扱い端末数や知名度、利用者数の多さなどを比較した総合ランキングを紹介しています。
(知名度や利用者数についてはMMD研究所というリサーチ機関のデータを基にしています。)

また、格安SIM業者によっては、おサイフケータイ機能が付いているスマホ端末を取り扱っているところもあります。
例えば、楽天モバイルの「arrows RM02」や「AQUOS SH-RM02」などの機種は、おサイフケータイ機能があるのでとても便利です。

こういったおサイフケータイ機能が付いた端末の情報も下記のページで詳しく解説していますので、見ていってくださいね。

納得の行く月額料金の格安SIMと気に入った端末をセットで購入するのに役立てば嬉しいです。