格安スマホとは?おすすめの機種と業者を徹底解説!

格安スマホって何?どれがおすすめなのかよくわからない・・・
管理人が格安スマホを選ぶときに悩んで解決してきたことなどを徹底的にまとめたウェブサイトです。

格安スマホ
格安スマホ
格安スマホって最近よく聞きますよね。

雑誌で紹介されているのはもちろんのこと、ウェブサイトやTVCM、携帯ショップなどでも見かけることが多くなってきました。

でも、格安スマホって、調べてみると色々と専門用語が多くて、意味がわからず困ってしまうことも・・・

ということで、当サイトでは、

 格安スマホって何?
 格安スマホって種類がたくさんあるけど、どれを選んだらいいの?
 料金プランの選び方は?
 どの格安スマホ業者がおすすめなの?

など、格安スマホについてのあらゆる疑問に答えていきます。

ここに書いている情報があなたのスマホ選びに少しでも役立てば嬉しいです。

格安スマホとは?

格安スマホ
格安スマホとは、「格安スマホ端末」+「格安SIMカード(格安SIMとも言う)」のことです。

「格安スマホ端末」とは、名前が示す通り、値段が安いスマホ端末のことです。

「格安SIMカード」を理解するためには、まず「SIMカード」というものについて知っている必要があります。

「SIMカード」とは、スマホ端末に挿し込む小さなカードのことです。SIMカードをスマホ端末に挿し込むと、スマホ端末で電話やメールをしたり、動画やウェブサイトを見たりすることができるようになります。

また、「SIMカード」には料金プランの情報が入っています。この料金プランが安いSIMカードのことを「格安SIMカード」と言うんですね。

>>格安スマホとは何か?についてもっと詳しく見てみる

格安スマホのメリット・デメリットとは?

格安スマホ
格安スマホには、メリットとデメリットがあります。

大きなメリットは、スマホの月額料金が安くなるということですね。大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と比べて、月々のスマホ代を5,000円くらい安くすることもできます。

代表的なデメリットは、通話料金が30秒あたり20円と高いということです。ただ、通話料を半額にするアプリや、通話料無料で電話をする方法を使えば、この欠点を解消することができます。

>>格安スマホのメリット・デメリットについてもっと詳しく見てみる

格安スマホ端末を選ぶコツ

あなたに合った格安スマホ端末を選ぶには、コツがあります。

大事なのは、あなたがスマホで何をしたいかです。

何をしたいかによって、どのくらいの価格のスマホ端末を選んだらいいのかが変わってきます。

格安スマホ端末は、値段によって1万円前後、3万円前後、4万円以上の端末の3種類にざっくりと分類することができます。

>>格安スマホ端末の相場と選び方のコツについて

格安スマホ:料金プランの選び方

格安スマホ
格安スマホ業者の料金プランを見ていても、どれを選んだらいいのかよくわからない!
そういう場合は、以下の内容を参考にしてみてください。

 

格安スマホ
 SIMカードの種類って何?種類によって何が違うの?

SIMカードには機能が異なる3種類のSIMカードがあります。「データ通信専用SIM」「SMS機能付きSIM」「音声通話機能付きSIM」です。

>>SIMカードの種類についてもっと詳しく見てみる

 

格安スマホ
 SIMカードのサイズとは?

SIMカードのサイズは3種類あり、標準SIM、microSIM、nanoSIMというものがあります。標準SIMが一番大きく、microSIMが二番目に大きく、nanoSIMが一番小さいです。

スマホ端末ごとに差し込めるSIMカードのサイズが決まっているため、あなたがこれから使おうと思っているスマホ端末がどのSIMカードのサイズなのかを確かめる必要があるということですね。

確かめる方法は、それぞれの格安スマホ業者の公式サイトに行くと、動作確認端末一覧ページというのがあり、そのページを見るとスマホ端末ごとのSIMカードのサイズがわかります。

 

 通信容量って何なの?3GBの通信容量で何がどれくらいできるの?

通信容量(「データ通信の容量」「データ通信容量」「高速データ通信容量」とも言う)がどれくらいあればどんなことができるのかを知っていると、あなたにピッタリの料金プランを選ぶことができます。

3GB/月の通信容量のプランがある格安スマホ業者は非常に多いので、3GB/月でどんなことができるのかについて説明していきます。

>>通信容量とは?

>>通信容量3GB/月で何ができるのか?

格安スマホ業者はどこがおすすめ?業者の比較ランキング

格安スマホ業者の比較をしようとしても、業者が多すぎてどれにしたらいいのか悩んでしまうこともあるかと思います。

ここでは、利用者数が多くて人気な会社、取り扱い端末の多さや知名度の高さ、通話料金の安さなどを基準にしてランキングを作りました。

あなたが格安SIM業者を比較するときの参考にしてみてくださいね。

(知名度や利用者数については、MMD研究所というリサーチ機関のデータを基にしています。)

 
 楽天モバイル
格安スマホ
楽天モバイルは知名度が高い格安スマホ業者です。

MMD研究所のリサーチでは、スマホ利用者の中で格安SIMを使っている人の中で、最も利用者が多いのが楽天モバイルだというデータもあります。

 「楽天でんわ」という通話アプリで通話料半額
 月額850円のオプションで、5分以内の電話かけ放題
 取り扱い端末が多いので、あなたにピッタリの端末が見つかる可能性が高い

>>詳しい解説はこちら

最安の月額料金 通話料について 総合評価
525円/月 通話料半額
 
 mineo(マイネオ)
格安スマホ
mineoはTVCMを数多く放送しているということもあり、非常によく知られている格安スマホ業者です。

「LaLa Call」という通話アプリが月額基本料無料で利用できます。「LaLa Call」を使って携帯電話向けに電話をすると1分18円かかりますが、「LaLa Call」利用者同士ならタダです。

 月額700円から利用できる
 「LaLa Call」で通話料無料の電話が可能!
 公式サイトが見やすくてわかりやすい

>>詳しい解説はこちら

最安の月額料金 通話料について 総合評価
700円/月 通話料無料も可能
 
 BIGLOBE SIM
格安スマホ
インターネット接続業者として非常に有名なBIGLOBEも格安スマホ業界に参入しています。

端末の種類の豊富さ、スマホ端末と格安SIMのセット買いをしたときの料金がわかりやすいなどのメリットがあります。

 「BIGLOBEでんわ」で通話料が半額(30秒あたり10円)
 Gポイントが貯まり、電子マネーに交換できる
 無料でWi-Fiスポット利用可能(ライトSプランと12ギガプラン)

>>詳しい解説はこちら

最安の月額料金 通話料について 総合評価
900円/月 通話料が半額
 
 DMM mobile
格安スマホ
CMなどでよく目にする株式会社DMM.comの格安スマホサービスが「DMM mobile」です。

なんといっても、業界最安値級の料金プランが魅力ですね。

 利用料の10%のDMMポイントが貯まる
 料金プランの種類が多く、あなたにピッタリのプランが選べる
 440円/月からスマホが使える

>>詳しい解説はこちら

最安の月額料金 通話料について 総合評価
440円/月 通話料半額
 
 IIJmio(アイアイジェイミオ)
格安スマホ
IIJmioは、電車などで広告をよく目にする格安スマホ業者です。

MMD研究所のリサーチで、3年連続して満足度総合第1位を獲得しています。

 「みおふぉんダイアル」という通話アプリで通話料を半額にできる
 料金プランがわかりやすい
 公式サイトが格安スマホ初心者に優しい内容になっている

>>詳しい解説はこちら

最安の月額料金 通話料について 総合評価
900円/月 通話料半額
家族の通話は60%オフ
 

格安スマホを使うことで、スマホの月額料金を今までよりも5,000円以上安くすることもできます。
この情報が、あなたの格安スマホライフに少しでも助けになれば嬉しいです。

格安スマホ 比較

格安SIM 比較